logo

TDICS、ゲートウェイ・セキュリティマネージメントサービスをクラウドサービスに追加

WatchGuardソリューションでワンストップでの社内セキュリティ対策「見える化」を実現

TDIコンサルティング・ソリューションズ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長 田中国武)は、クラウドサービスとして提供しているエンドポイント統合マネージメントサービス「TEMS」(Tdi Endpoint Management Service)に「ゲートウェイ・セキュリティマネージメントサービス」をラインナップとして追加しました。

今回、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 本富顕弘)が提供するUTM(統合脅威管理)製品「WatchGuard XTM」及び株式会社アイバックス(兵庫県尼崎市、代表取締役社長 射場雅弘)が提供するSaaSレポーティングサービス「セキュアフォース」を連携し、クラウドサービスメニューとして「TEMS」によるエンドポイント対策から企業ゲートウェイまでを対象とした包括的なセキュリティ対策の実現とIT内部統制における「見える化」を実現します。

新サービスは、従来より提供しているエンドポイントサービスに、ゲートウェイセキュリティサービスを加えた「ハイブリッドセキュリティサービス」としてお客様にワンストップサービスを提供します。

TDIコンサルティング・ソリューションズ株式会社は、国内で多数の導入実績を誇る資産管理統合ソリューション「LANDesk」の既存ユーザを中心に「ゲートウェイ・セキュリティマネージメントサービス」をラインナップに加える事でセキュリティソリューションの提案力を強化し、年間200社への販売を見込んでおります。

尚、今回の新サービス提供開始に伴い、2011年3月3日にセミナーを開催予定です。詳細はこちらのURLを参照ください。 リンク

■TEMSについて
TEMSは、tdiグループが提供するPCエンドポイント統合マネージメントサービスを指します。エンドポイントに位置する社内業務PC管理の資産管理にまつわる各種課題や社内PCの各種セキュリティ対策に対し包括的な課題解決する事が可能なクラウドサービスがに当たります。クラウド上に、管理ツール及び運用要員をご準備し、ユーザのPC資産管理・社内PCセキュリティ対策をフルアウトソーシングにてサービス提供致します。

■WatchGuard XTMについて
WatchGuard XTMは、ファイアウォールとVPNをベースに、ウイルス対策、迷惑メール対策、ウェブフィルタリング、アプリケーション管理など、ネットワークに不可欠なセキュリティ機能を1台で実現可能なアプライアンス製品です。全世界150ヵ国以上のユーザに累計60万台以上を出荷しています。(※前モデル含む)

■セキュアフォースについて
これまで判り難く且つ高コストであったFirewall/UTM通信ログ情報の分析/レポート化を、より安価により高品質にご提供する事を目的として、アイバックスが独自に開発したWatchGuard UTM製品専用のログ解析サービスに当たります。

【本件に関するお問い合わせ】
TDIコンサルティング・ソリューションズ株式会社
TEL:03-3372-9788(受付時間 平日9:00~17:30)
リンク
リンク

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
TEL:03-5456-7880 / FAX:03-5456-5511
リンク
info-jp@watchguard.com

株式会社アイバックス 東日本営業部
TEL:03-6206-1100(受付時間 平日9:00~17:00)
リンク
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。