logo

【VTVジャパン テレビ会議導入事例】 セイコーインスツル株式会社様 RADVISION社MCU導入で既存テレビ会議端末とWeb会議の混在会議を実現

VTVジャパン株式会社(代表取締役社長:栢野 正典 本社:東京都千代田区)は、セイコーインスツル株式会社 (代表取締役社長:新保 雅文 本社:千葉県千葉市美浜区)へ、テレビ会議室不足の解消と通信コストの削減を目的に、RADVISION社の「SCOPIA MCU 100-24」(多地点接続装置)を販売しました。同社の導入事例を本日、ホームページにて公開いたしました。

セイコーインスツル株式会社様はコスト競争力強化を目指して、京葉圏から盛岡への製造移管を行いましたが、設計部門と生産部門が分かれたことで出張コストが膨大な額に膨れ上がりました。対策としてテレビ会議システムを導入して出張費の削減に成功したものの、テレビ会議の利用頻度があがったことによる会議室不足や通信料金コストといった問題が新たに浮上、これを解決するためWeb会議も利用できるRADVISION社のMCU(多地点接続装置)を追加導入しました。
RADVISION社の「SOCPIA MCU」は、付属のWeb会議用ソフトウェア「SCOPIA Desktop」を利用することで、テレビ会議専用端末とWeb会議混在の多地点接続会議を可能にします。これまで会議室からしか参加できなかったテレビ会議に場所を問わずに参加でき、一人だけが参加する場合は自席のPCからも参加できます。
セイコーインスツル様では「SOCPIA MCU」の利用を開始後、取引先とのミーティング、海外拠点同士の打合せや朝礼などで頻繁にテレビ会議を利用しています。業務生産性が向上すると共に、社内外のコミュニケーションもこれまで以上に円滑になり、今後もさらに多くのビジネスユニットでテレビ会議を使えるよう、導入を推進していきたいと考えています。

VTVジャパンでは、さらに快適・拡張化したご提案を差し上げると共に、今後もテレビ会議システム運営のお手伝いをさせていただきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
VTVジャパン株式会社
TEL:03-5210-5021 FAX:03-5210-5022
電子メール:mktg@vtv.co.jp
ホームページ:リンク
マーケティング担当 : 大川・山田

各リリースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このプレスリリースの付帯情報

テレビ会議風景

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事