logo

Lux Research調査:太陽熱発電市場は現在、そして今後も温度上昇中

Boston, MA, Feb 1, 2011 - 競争の激しい太陽電池の価格、さらに環境および財政上の長引く懸念にもかかわらず、太陽熱発電(CSP)技術は2011年にギガワット規模の導入に備える体制に入っています。発電スタックは発電能力が100 MWを超えるCSPをますます導入しており、この技術の今後の成長は堅調を維持する見通しです。しかし、Lux Researchの新たな調査によれば、この新興成長市場でシェアを獲得するため、公共事業者や開発業者は一様に、CSPの4つの主要な競争技術の採用における経済的な要因と性能的な要因を明確に把握する必要があります。


「太陽熱に関するアップデート: 太陽熱発電のルネサンス」というタイトルのレポートでは、3つの主要なCSP技術であるパラボラトラフ、パワータワー、およびスターリング熱システム、さらにCSPにとって強力な対抗技術である光電池システムについて経済的な要因と性能的な要因を比較しています。このため、このレポートでは仮想的な100 MWプラントで各技術を採用した場合を調査し、均等化発電原価(LCOE)、資本コスト、および内部収益率、その他の導入につながる要因を比較しました。


「さまざまな経緯を経たあと、太陽熱プロジェクトはスペインと米国南西部の双方でミックス世代に大きな影響を与え始めています」と、Lux Researchのシニアアナリストで今回のレポートの主な著者であるテッド・サリバンは語っています。「トラフ技術は現在まで主流でしたが、パワータワーソリューションの重要性が実証されるに伴って優勢になっていくでしょう。これは、パワータワーソリューションが蓄熱技術を統合し、太陽熱技術の根本的な制約となっていた「間欠性」という問題を突破したからです。」


レポートで確認された重要事項:
- ディッシュスターリング方式は設備投資が最小となっています。 よりモジュラーな技術であるディッシュスターリングは、その安価なスターリングエンジンによりコスト面で先頭に立っています。その一方で、高価なミラーフィールドにより、パラボラトラフプラントは最も価格が高いCSPオプションとなっています。この点でパワータワーシステムには比較的コスト上の競争力があります。高いモジュールコストのため、PVシステムはその中間に位置しています。


- 従来のトラフおよびタワーCSP技術は性能面でリードしています。 パラボラトラフプラントはピーク効率が最高ですが、収量と利用率の面で2位となっています。これに対しパワータワーは高能率のタービンサイクルとデュアルサイクルトラッキングにより、システム収量と利用率の面でトップの性能となってます。しかし、ディッシュスターリングおよびPVはどちらも、ピーク出力キロワットあたりのキロワット時出力(kWh/kWp)において利用率とエネルギー収量が低い結果となり、期待以下の性能となっています。


- ディッシュスターリングは均等化発電原価(LCOE)でもリードしています。 LCOE ($/kWhとして測定)は発電所の総運転コストを適切に含めており、プロジェクトの投資家にとって内部収益率(IRR)を求める際に重要となります。ここでもディッシュスターリングはその低コストと満足できる性能によってリードしており、PVの優れた代用となっています。しかしパワータワー技術はその背後に追随しており、今後数年にわたって有効な競争技術であり続けるでしょう。パラボラトラフシステムは設備投資コストが高く、運転コストと保守コストも高いため、どのCSPプラントと比較してもLCOEが最高となっています。PVシステムは現在、比較的に高い設備投資と凡庸な性能により、LCOEで遅れをとっています。


「太陽熱に関するアップデート: 太陽熱発電のルネサンス」はLux Solar Systems Intelligenceサービスの一部です。このサービスをご利用になるクライアントは、マーケットおよびテクノロジー トレンドに関する最新調査結果、週間のLux Research Solar Journalにおける継続的なテクノロジー評価レポート、独占データ ポイントの受信、およびLux Researchアナリストへのオンデマンドのお問い合わせが可能になります。


Lux Researchについて
Lux Researchは、新興技術における戦略的なアドバイスや最新情報を提供しています。ビジネス、ファイナンス、および政府系のリーダーによりご利用いただき、戦略的な意思決定のために役立っています。プライマリ リサーチに力を入れた独自の調査アプローチや広範なグローバル ネットワークにより、クライアントにとって本当に役立つ本質的な情報、コネクション、および競争上のメリットをお届けします。詳細については www.luxresearchinc.com をご覧ください。


お問い合わせ:
Carole Jacques
Lux Research, Inc.
+1-617-502-5314
carole.jacques@luxresearchinc.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事