logo

【事例紹介】EMCジャパン、重複除外ソリューション「Avamar」で 大林組の効率的なバックアップ環境を構築 データ転送量を9割以上削除

~約2時間のバックアップ時間を約20分に短縮~

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL: リンク)は、株式会社大林組(略称:大林組、本社:東京都港区、代表取締役社長:白石 達、URL: リンク)がEMCジャパンの重複除外技術「Avamar(アバマー)」を採用し、効率的なバックアップ環境を構築したことを発表しました。「Avamar」により、バックアップ用に転送するデータ量が9割以上も削減できたことで、ネットワーク帯域の拡張やストレージの増設などのコストが発生することなく、既存のストレージ環境を有効活用した効果的なバックアップ環境を構築することができました。

■導入の背景
大林組は、業務上のデータはナレッジ資産であるという考えから、本社システムのサーバ・データの大部分をテープによる遠隔地バックアップ体制で保護、また、最重要データはバックアップサイトのストレージへ転送し、企業ポリシーでもある災害対策を確実に実施しています。2009年、IT基盤の運用体制を見直した結果、複数のプロジェクトで共通利用可能なストレージの導入が検討されました。
新規ストレージの導入には、企業ポリシーからバックアップにも同等のストレージが必要となり、さらに、WANを介した転送のため、ネットワーク帯域を拡張しなければならないなど多くの課題がありました。これらの課題を解決し、また、将来的なデータ量増大も視野に入れたバックアップの運用方式へ変更するため、EMCジャパンの重複除外技術「Avamar」の導入を検討しました。

■「Avamar」選定の理由
EMCジャパンでは、大林組のグループウェアやデータベース上のデータを用いて「Avamar」の性能検証を実施したところ、9割以上のデータ転送量を削減できました。これにより、既存環境を有効活用しながらバックアップ環境が構築できると大林組は確信しました。
また、リストアに関しても、通常はフルバックアップを戻してから差分バックアップを追加するという複数の工程が必要になりますが、「Avamar」は1回の操作で希望日時のデータをリストアでき、万一の際にもサービス復旧が迅速に実施できる点も評価され、「Avamar」選定に至りました。

■「Avamar」導入後の効果
・ストレージの増設やネットワーク帯域幅の拡張と「Avamar」によるバックアップ方式を比較したところ、「Avamar」導入の方が、トタールコストを削減。
・2時間近いバックアップ時間を約20分に短縮できたことで、グループウェアのサービス時間が延長。
・「Avamar」による一元管理で、テープによる遠隔地バックアップ作業が不要になったため、運用管理の工数を削減。

■本事例の詳細については、以下のWebサイトをご参照ください。
リンク

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。
リンク

本件に関するお問い合わせ窓口
■EMCジャパン株式会社  マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMC、EMC2、where information lives、Avamarは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事