logo

紅白出場で大爆発した「トイレの神様」、配信から半年で初の月間1位に

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、 代表執行役社長:加藤裕一)は、「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2011年1月度」を発表いたします。

ダウンロード(シングル)部門は、植村花菜の「トイレの神様」が自身初となる月間1位を獲得。およそ半年前の昨年7月に「着うたフル(R)」配信が始まったこの曲ですが、年末年始のTV 番組出演、各音楽賞受賞などの影響で改めて注目が集まりました。「着うた(R)」部門は、今や「着うた(R)」女王と言っても過言ではない西野カナの新曲「Distance」が、同部門で4度目の1位に輝いています。

■レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2011年1月度
<ダウンロード(シングル)部門 ※1>
「トイレの神様」植村花菜
今年1月4日、初のデイリーランキング1位を獲得したのを皮切りに、
同12日・19日発表の週間ランキングでも連続1位を記録。最新の週間ランキングでもTOP10入りしており、今後もロングヒットが予想されます。

<「着うた(R)」部門>
「Distance」西野カナ
自身出演のジュエリーブランド『ジェムケリー』CMソング。片想いの切ない気持ちをスピード感溢れるトラックに乗せた、西野カナの新境地とも言える楽曲で、1月12日の配信開始から2週連続で週間ランキング1位を獲得しています。

最新のレコチョクアワード、バックナンバーはこちらからご覧いただけます。
リンク

■レコチョク月間ダウンロードランキング(2011年1月度)
<ダウンロード(シングル)部門 ※1>
1位:「トイレの神様」植村花菜
2位:「ミスター」KARA
3位:「ありがとう」いきものがかり
4位:「I Wish For You」EXILE
5位:「Gee」少女時代
TOP100はこちらからご覧いただけます。
リンク

<「着うた(R)」部門>
1位:「Distance」西野カナ
2位:「Why? (Keep Your Head Down)」東方神起
3位:「Each Other's Way ~旅の途中~」EXILE
4位:「ミスター」KARA
5位:「Dear J」板野友美
TOP100はこちらからご覧いただけます。
リンク

(※1)ダウンロード(シングル)部門とは・・・
レコチョクの「着うたフル(R)」9サイトと「着うたフルプラス(R)」サイト、「ドコモマーケット MUSIC ストア powered by レコチョク」サイトの音楽ダウンロード(シングル)と「着うたフル(R)」の総合ランキングです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。