logo

旧正月を迎える中国人を対象とした検索上昇率、東京が第1位!~トップ10に日本から2都市がランクイン!~

Hotels.com 2011年02月01日 11時19分
From PR TIMES

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(本社:アメリカ合衆国テキサス州、代表取締役社長:デイビット ロシェ)は、Hotels.comの中国人ユーザーのサイト利用動向をもとに、日本の東京が2011年1月度(1/1~1/19まで)の検索上昇率トップであったことを発表しました。同ランキングは、Hotels.comに登録されている海外の都市の注目度を、中国人ユーザーの利用動向(検索数、クリック数など)をもとに集計したもので、前月(12/1~12/31)からの上昇率をランキング形式で表したものです。

集計の結果によると第1位は、日本の東京で前月比114.3%という上昇率を記録しました。1月は中国人にとっての正月にあたる旧正月(春節)を前に、多くの中国人が旅行先を選ぶ時期となっています。今回の結果からも、中国人にとって新年を迎えたい外国の都市として、日本の東京がとても注目を集めているということが分かりました。

東京に次いで第2位となったのは、ビーチリゾート地として人気を集めているタイのサムイ島で、上昇率は108.5%でした。富裕層が多く住んでいる中国の北京や上海などは、旧正月の時期はとても寒いため、暖かい南国で新年を迎えたいというリゾート路線が強まっていると考えられます。

続いて第3位は、イタリアのローマで前月比108.3%を記録しました。イタリアはトップ10の中に第3位となったローマと、第10位にもヴェニスがランクインしており、中国人からイタリアがヨーロッパ諸国の中で圧倒的な人気を集めていることが分かりました。

唯一、中国の都市でトップ10にランクインを果たしたのは、前月比100%となった上海でした。旧正月を挟んだ長期休暇に中国国内で旅行をするなら、現在最も発展を遂げている上海を選ぶ人が多いことが分かりました。

また第9位には日本の大阪がランクインを果たしており、第1位を記録した東京と合わせて、日本で新年を迎えるのが現在の中国において一つのステータスとなっていると考えられます。




■Hotels.comについて
Hotels.comは、世界各国の言語や文化に合わせてローカライズした予約サービスを運営する、世界最大手のグローバルな宿泊予約サービスです。日本においては、日本人旅行者向けにローカライズしたHotels.com の日本版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じて、日本円での決済でホテルを予約することができます。
また、ネット上で最も多くの宿泊施設を提供しているサイトの1つでもあり、独立系および大手ホテルチェーンからコンドミニアムまで、世界の130,000軒を超える施設が予約できます。ホテルの料金、設備、空き状況をワンストップで確認および購入できることに加え、ホテル繁忙期においても、高確率で宿泊を確保できるサービスを提供しています。
Hotels.comは、Expedia, Inc. (NASDAQ : EXPE)の子会社です。
リンク
プレスルーム:リンク

■Hotels.co.jpについて
Hotels.comの日本版サイト(リンク)は、日本人旅行者のさまざまなニーズに応えるため2008年11月 に開設されました。このサイトによって、日本人旅行者が気軽に世界中の130,000軒を超えるホテルを検索し、日本円での決算で予約することができます。また最新のホテル情報や割引特典などニュースレターにて最新情報を提供しています。また、日本語によるカスタマーサービスも設置しており、日本時間午前7時から午前1時まで年中無休で利用いただけます。電話番号はフリーダイヤル (0120-998-705)、または03-5539-2751です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。