logo

サポートサービスの社会的価値の向上を共に~CompTIAと日本ITサービスビジネス研究会(JITS)が相互会員に~

CompTIAと、日本ITサービスビジネス研究会は、サポートビジネスの社会的価値の向上に貢献することを目的に、相互に会員となり、活動を進めて行くことを発表しました。

CompTIA(コンプティア:コンピュータ技術産業協会/本部:米国イリノイ州)と、日本ITサービスビジネス研究会(JITS/会長:西村 弘)は、サポートビジネスの社会的価値の向上に貢献することを目的に、相互に会員となり、活動を進めて行くことを発表しました。

現在、保守及びサポートサービスの分野では、以下の課題に直面しています。
- ハードの信頼性の向上、低価格化、メンテナンス料金の低下に対応した収益構造の再構築
- 顧客満足の維持、向上をしつつ、一層の生産性の向上
- 多様化、高度化する顧客の要望へ対応するための、付加価値サービスの開発・提供
- 業界の社会貢献度の向上
JITSでは、2003年の発足以来、メンバー各社の上記課題の解決と経営革新を促進すべく、メンバー企業間の健全な協力関係・ネットワークを通じて、サービスの研究や情報・ノウハウの共有の場を提供し、多くの貢献をしてきました。

サポートサービスの社会的価値の向上を共に
~CompTIAと日本ITサービスビジネス研究会(JITS)が相互会員に~


【2011年2月1日 東京】


CompTIA(コンプティア:コンピュータ技術産業協会/本部:米国イリノイ州)と、日本ITサービスビジネス研究会(JITS/会長:西村 弘)は、サポートビジネスの社会的価値の向上に貢献することを目的に、相互に会員となり、活動を進めて行くことを発表しました。


現在、保守及びサポートサービスの分野では、以下の課題に直面しています。
- ハードの信頼性の向上、低価格化、メンテナンス料金の低下に対応した収益構造の再構築
- 顧客満足の維持、向上をしつつ、一層の生産性の向上
- 多様化、高度化する顧客の要望へ対応するための、付加価値サービスの開発・提供
- 業界の社会貢献度の向上


JITSでは、2003年の発足以来、メンバー各社の上記課題の解決と経営革新を促進すべく、メンバー企業間の健全な協力関係・ネットワークを通じて、サービスの研究や情報・ノウハウの共有の場を提供し、多くの貢献をしてきました。


一方CompTIAでは、各IT業務として求められる能力基準となるCompTIA認定資格を、上記課題を解決するための人材育成方針に紐付け、企業での戦略的な導入を支援しています。その結果、導入企業からは、業務効率向上や様々なコストの抑制をはかりながら、顧客満足度向上や技術者としてのモチベーションを維持・向上させ、売上拡大にもつながる効果が報告されています。


今回、CompTIAとJITSが相互に会員となることで、双方の活動への参加による相乗効果―サポートサービス業界の標準化、社会的価値の向上―をはかります。
双方の活動の詳細につきましては、ホームページをご参照ください。


CompTIA日本支局ホームページ         リンク
日本ITサービスビジネス研究会ホームページ リンク


≪補足資料≫
【CompTIAとは(リンク)】
1980年初頭、EDIが様々な規格で利用され情報が飛び交う中、ISOやIEEEに対し標準化を提言するため、各社が集まる場として1982年にシカゴで設立。その後、欧米を中心とし14拠点を持つ非営利グローバルIT業界組織として、技術標準化の提言や各業務の実務能力基準の認定活動等を行っています。尚、日本では、支局が2001年4月に設立されています。
[お問い合わせ先]
CompTIA日本支局
〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F
TEL:03-5226-5345 FAX:03-5226-0970
E-Mail:info_jp@comptia.org
担当:吉村


【日本ITサービスビジネス研究会(JITS)とは(リンク)】
参加企業によるさまざまな分野での取り組みや研究、ノウハウなどの情報を共有し意見交換する場を提供することで、参加企業において、各自の課題解決をはかり、継続的に信頼性の高いサービスを提供し、かつ、市場の創出・経営力の強化といった経営革新の促進を支援しています。
さらに、各参加企業の経営戦略見直し・ビジネスモデル再構築を促すことで、健全で新しいエネルギーを生み出し、ひいては業界の共通課題の解決、および、サービス産業全体の発展に貢献していくことを目的としています。
[お問い合わせ先]
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-15レイフラット新宿ビル1007
TEL:03-6902-1877
担当:浜田

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。