logo

(大阪府箕面市)箕面駅前から箕面大滝までを路上喫煙禁止地区に指定しました

箕面市では、今年4月1日から「路上喫煙禁止条例」を施行するのに伴い、1月31日付で、箕面駅の駅前広場、滝道、箕面公園全域及び箕面大滝から大日駐車場に至るまでの歩道を路上喫煙禁止地区に指定しました。
路上喫煙禁止地区での喫煙は違反行為となります。市職員から中止の指導を受けたにもかかわらず、なお路上喫煙を行う者からは、1,000円の過料を徴収します。
多くの観光客が訪れ、市民のみなさんにもウォーキング、ハイキングコースとして親しまれている地区の安全を確保し、誰もがきれいな空気を楽しみながら、歩いていただけることをめざします。

「路上喫煙禁止条例」は昨年10月8日に公布、今年4月1日からの施行に伴い、1月31日付で路上喫煙禁止地区を指定しました。
 この条例は、路上喫煙を禁止することにより、たばこの火による火傷、副流煙の吸入等を防止することにあります。市民、事業者、箕面公園を所管する大阪府等に協力を求め、喫煙による被害のない箕面をつくります。

【主な内容】
1 路上喫煙を禁止する地区
箕面駅の駅前広場、滝道、箕面公園全域及び箕面大滝から大日駐車場に至るまでの歩道を、路上喫煙禁止地区に指定しました。
※自然豊かで箕面のシンボルとなる場所で、歩行者の往来の多い道路、公園等として、駅前広場、滝道、箕面公園等を指定しました。
2 禁止地区で路上喫煙した場合は?
市職員から路上喫煙の中止の指導を受けたにもかかわらず、なお路上喫煙を行う者から、過料1,000円を徴収します。
※指導により喫煙をやめたときは、過料の適用はありません。
※歩行中に限らず、立ち止まって吸う場合も対象とします。自転車、オートバイ等の乗車中の喫煙の場合も対象とします。

市民部 環境政策課
TEL 072-724-6189(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。