logo

国内最大級のポイント交換サイト『Gポイント』が阪急百貨店、阪神百貨店、高島屋で使える「カエトクカード」に交換開始!

国内最大級のポイント交換サイト「Gポイント」を運営するジー・プラン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 足立 好久 以下ジー・プラン)は、2011年1月27日より株式会社阪急阪神百貨店(以下阪急阪神百貨店)が発行する「カエトクカード」へのポイント交換を開始します。


阪急阪神百貨店と提携するポイント発行会社が独自に発行するポイントサービスのポイントを『カエトクカード』にチャージすることにより、阪急百貨店、阪神百貨店、高島屋の各店で商品購入時に電子マネーとして使用できる新しいタイプの電子商品券です。これまでのポイントサービスでは、貯まったポイントを従来型の商品券に交換する場合に、それぞれのポイントサービスごとに還元できる単位までポイントを貯めて、商品や金券などに交換する必要がありましたが、『カエトクカード』では、電子データとしてポイントをチャージができ、小額から利用可能で、さらに複数の種類のポイントの集約が可能になります。


・阪急百貨店(10店舗)
・阪神百貨店(4店舗)
・高島屋(いよてつ高島屋を除く19店舗)
※平成23年1月26日現在

今回の提携により、Gポイント会員は貯めたポイントをカエトクマネーにチャージして、上記の百貨店でのお買い物に利用することが可能となります。

【交換概要】
■開始日 : 2011年1月27日
■レート : 100Gポイント⇒100カエトクマネー
■最低交換数 : 100Gポイント
■交換単位 : 1Gポイント
■タイミング : 1週間

また、カエトクカードをお持ちでない方には、カエトクマネーをチャージしたカエトクカード(500Gポイント⇒500カエトクマネー)を郵送するサービスも同時に開始いたします。

【Gポイント概要】
「Gポイント」とはGポイントを仲介ポイントとして複数のポイント同士を交換できるサービスです。まずユーザーはバラバラに貯まっていたポイントをGポイントに集約することができます。貯まったGポイントをさらに好みのポイントに交換することで、好きなサービス、景品を手に入れることができるのです。例えば、三井住友VISAカードの利用やセシールのオンラインショッピングで貯まったポイントをGポイントに交換し集約、まとめて全日本空輸のマイルやAmazon(r)ギフト券など金券に交換できるほか、電子マネーポイントへの交換、楽天銀行での換金、ギフト商品への交換など、その使用方法は多岐にわたっております。

Gポイントを利用するには、まずサービスサイト(リンク)で無料会員登録を行っていただきます。ユーザーはポイント交換のほか、資料請求や口座開設、ネットショッピングやポイント付きメールからGポイントを貯めることができます。
現在では約190万人のユーザーがポイント交換を利用しており、SuicaポイントやWAONポイントなど138社がポイント交換提携企業として参加しております。

【ジー・プラン 会社概要】
社名 : ジー・プラン株式会社 
本社所在地: 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-7-1
設立 : 2001年2月
資本金 : 2億9600万円
代表者 : 足立 好久
事業内容 : ポイント交換マーケットプレイス「Gポイント」の運営
インセンティブポイント発行サービス「Gポイントギフト」の提供
ターゲティングメール・メールマガジン「G.News(ジー・ニュース)」の提供
主要株主 : 住友商事株式会社、株式会社博報堂 他
URL     : リンク (サービスサイト)
 リンク (コーポレートサイト)

<本件に関するお問い合わせ先>
ジー・プラン株式会社 広報担当:鈴木
TEL:03-5283-5928 FAX:03-5283-5718
E-Mail:pr@g-plan.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事