logo

「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010」を販売開始

~アルツハイマー型認知症患者数は高齢化とともに年々増加し、2020年には167万人に~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/products/detail.php?product_id=463

報道関係者各位

平成23年1月26日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010」を販売開始

~アルツハイマー型認知症患者数は高齢化とともに年々増加し、2020年には167万人に~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

◇現在のアルツハイマー型認知症、軽度認知障害の診断・治療の現状を整理
  ・ 基本事項(定義、患者数等)
  ・ 診断の現状
  ・ アリセプトの処方状況と評価方法、
  ・ 現在の治療の目標
  ・ 服薬コンプライアンス、望まれる剤型
  ・ ガランタミン、メマンチン、リバスチグミン、GEアリセプトの使い分け

◇今後のアルツハイマー型認知症、軽度認知障害の診断・治療の今後の方向性を予測
  ・ 根本治療薬の開発状況、臨床医からの評価
  ・ 開発中の早期診断技術(画像診断、体液バイオマーカー)の臨床応用の可能性
  ・ 軽度認知障害(MCI)、preclinical stageが治療対象として確立する可能性、時期
  ・ 今後5年、10年後のADの診断・治療動向、治療薬市場を予測

本資料は、現在アルツハイマー型認知症(以下、AD)治療薬の開発を進められている企業の方々や、世界的に高齢化が進みますます関心が高まるに関連したビジネスをお考えの企業の方々に、お役にたてば幸いです。


<背景>
・2010年春、AD治療薬の新規3剤となるリバスチグミン・ガランタミン(AchE阻害薬)、塩酸メマンチン(Namenda受容体拮抗薬)が承認申請を行い、同年11月にそのうち2剤が承認されました。これまで日本のAD治療は、塩酸ドネペジル(AchE阻害薬)のみでしたが、ようやく日本においても治療薬の選択肢が広がり、今後5年間でAD治療薬市場は確実に拡大します。
・現在は、Aβ仮説をもとに、脳内の病理学的進行のより早期の段階をターゲットとした「セクレターゼ阻害薬」、「抗体医薬」、「Aβワクチン」や、「タウタンパク標的薬」などのDisease Modifying Drug(疾患修飾薬)について、国内外で様々な研究開発が進められています。近年注目を集めた開発薬が相次いでフェーズ2、3でドロップアウトしていますが、臨床におけるニーズ、市場性の大きさから各社は引き続き研究開発に注力しています。
・Disease Modifying Therapyを効果的に行うには、治療薬の開発と共により早期に病変を発見する診断技術の開発が不可欠です。2010年7月、ハワイで行われた国際アルツハイマー学会(ICAD 2010)において、National Institute on Aging と Alzheimer's Associationの共同ワーキンググループより、AD診断基準改定の草案が発表され、AD、MCIに続いて、Aβの産生が始まった段階、つまり認知症症状の発症前段階についてもADとする考えを発表しています。これまでも治療薬開発の効率化を目的とし、早期からADへの進行予測の指標を明らかにすべく、ADNI(Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative)などの臨床研究が進められてきました。発症前・早期診断を可能にする診断技術として、PETやSPECTによるアミロイドイメージング、MRI、体液(脳脊髄液・血液)バイオマーカーが研究されています。診断技術開発の進展に伴い、今後AD治療の開始時期はどうなっていくのか、関心が集まっています。


■■ 調査概要 ■■

【調査方法】
・シード・プランニング保有情報、最新情報の収集・整理
・弊社医師パネルによるインターネット調査
・オピニオンリーダーへのヒアリング調査

【主な調査項目】
1.アルツハイマー型認知症とは
  ・定義
  ・患者数
  ・行政動向(日本の認知症医療体制)

2.アルツハイマー型認知症、軽度認知症(MCI)の治療・診断の現状
  ・診断方法
  ・治療の現状(アリセプトの処方状況、服薬コンプライアンス、現在の治療目標など)
  ・重症度別 ADに適した剤型とは

3.アルツハイマー型認知症、軽度認知症(MCI)の診断・治療の将来展望
  ・ガランタミン、メマンチン、リバスチグミン、GEアリセプトの受容性、使い分け、使用割合
  ・新規治療薬の開発状況と 臨床医の期待
  ・AD治療における剤形への要望・想定される使用方法
  ・診断技術の開発動向
  ・MCI、preclinical stageが治療対象として確立する可能性、時期
  ・今後5年、10年以内に想定される治療・診断方法、AD市場の変化
など


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:アルツハイマー型認知症・軽度認知障害(MCI)の治療・診断の現状と今後の方向性 2010
発 刊 日:2010年12月10日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 148ページ
頒   価:
■製本 378,000円(本体価格360,000円、消費税18,000円)
※別途送料500円

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当

Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-5848
Mail:cs-info@cross-m.co.jp

※NS-Shopは、2010年10月1日にCross Shop(リンク)へと
サイト名を変更いたしました。
今後とも引き続きご愛顧賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。