logo

ST-Ericsson、2010年度第4四半期の業績を発表

Geneva, Switzerland, Jan 25, 2011 - (JCN Newswire) - STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)とエリクソン(NASDAQ:ERIC)のジョイント・ベンチャーであるST-Ericssonは、2010年12月31日を末日とする2010年度第4四半期の業績を発表しました。


- 純売上高は5億7,700万米国ドル、前期比で2%の増加
- (調整済)営業損失[1]は1億1,900万米国ドル
- 再構築計画完了、今四半期に1,300万米国ドルを削減


社長兼最高経営責任者(CEO)であるジル・デルファシー(Gilles Delfassy)は、次のように述べています。「第4四半期の売上は予想通りどころか、期待を上回っています。2010年に発売した新製品は、第4四半期の総売上の25%以上を占め、前期比で50%以上伸び、売上に大きく貢献しました。2G/EDGEの新プラットフォームによる強力な業績、HSPA+モデムの当初売上で、TD-SCDMA市場での短所と、レガシー製品で予測される減速が相殺されるはずです。


営業損失は前期比で上昇しましたが、季節性と為替効果を反映して営業支出が増加したこと、レガシー製品の移行が継続し価格が下落していることが主な原因です。しかし、再構築計画が計画通りに完了したことで、1,300万米国ドルの削減を実現しました。


全体的に、2010年はST-Ericssonにとって重要な1年でした。現在、予定通りに当社の変革を完了する上で順調な位置にいます。製品ポートフォリオをスマートフォンやタブレット市場へと広げ、クラス最高のモデムとアプリケーション・ソリューションを提供するリーダーとなるべく努力しています。実際に、U8500スマートフォン・プラットフォームなどの市場では大きな牽引力を確認しており、Tier 1カスタマとの協力で、今年度後半にはてこを入れていく考えです。


2011年の焦点は、変革を完了させつつ、素晴らしい新製品をカスタマに提供し、財務状況を改善することです。短期的な見通しは必ずしも平坦ではありませんが、順調な進歩を遂げており、市場リーダーとして実益ある成長を維持するため、着実な歩みを見せているという自信があります。」


2010年度第4四半期財務ハイライト(未監査)


損益計算書: 2010年度第4四半期/2009年度第3四半期 (単位:100万米国ドル)

純売上高: 577/565
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、 以下で調整[1]: (119)/(85)
----------------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却 : (28)/(25)
----------------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 : (24)/(19)
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額 : (171)/(129)
----------------------------------------------------------------------
純利益(損失) : (177)/(121)
----------------------------------------------------------------------


金融資産と金融負債の収支 : 2010年度第4四半期/2009年度第3四半期 (単位:100万米国ドル)

----------------------------------------------------------------------
現金及び現金同等物 & 短期預金 : 68/89
----------------------------------------------------------------------
親会社における短期融資枠 : -150/-50
----------------------------------------------------------------------
金融資産と金融負債の収支[2] : -82/39
----------------------------------------------------------------------


財務状況に関する追加情報


第4四半期末時点での純財務状態[2]は8,200万米国ドルの負債となりました。第3四半期末は3,900万米国ドルの純資産となりました。第4四半期には、償還請求のない売掛金を売却し、その内1億6,600万米国ドルは第4四半期末の時点で貸付残高となり、前期比で1,300万米国ドルの減少となりました。


在庫資産は2,000万米国ドル減少し、第4四半期末で2億7,500万米国ドルとなりました。


今後の見通し


2011年第1四半期には、レガシー製品のさらなる減速と、第1四半期の季節性効果により、前期比で純売上が減少するものと予測されます。


2010年第4四半期のハイライト:製品、技術、契約獲得


- 11月、ST-Ericssonは、LTEモジュールとUSBドングルにおいてクアンタ・コンピュータ社との提携を発表しました。この提携では、TD-LTEネットワークを介し、クアンタ・コンピュータ社のタブレット上でライブ映像のデモを行うというもので、2010年上海万博の閉幕式で取り上げられました。


- ST-Ericssonは、ノキア社と協力して中国でTD-LTEを推進すると発表しました。2010年上海万博にて両社は、ST-EricssonのM700 TD-LTE薄型モデムを搭載したノキア社のTD-LTEブックレット上で、ビデオ・ストリーミングなどのマルチメディア・サービスのデモを行いました。


- 12月、サムソン電子社はST-Ericssonの単一型G4906 GSM/GPRSプラットフォームをCh@t 322 Dual-SIM Dual-Standby携帯電話に採用したと発表しました。同端末は、ロシア、独立国家共同体(CIS)、東南アジア、インド、中国、中東、アフリカで発売されました。


- 12月、オーストラリアの通信オペレータであるテルストラ社は、Acer社とエリクソン社との提携の下、内蔵型21Mbps HSPA+モバイル・ブロードバンド・モジュールを搭載した初のネットブックを立ち上げました。このモジュールはST-EricssonのM570薄型モデムに準拠しています。


財務業績資料


プロフォーマ情報:2010年度対2009年度(未監査)


----------------------------------------------------------------------
損益計算書 : 2010年度 (実額)/2009年度(実額) (単位:100万米国ドル)

----------------------------------------------------------------------
純売上高 : 2293/2524
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、以下で調整[1]: (436)/(369)
----------------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却 : (101)/(96)
----------------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 : (74)/(116)
----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額 : (611)/(581)
----------------------------------------------------------------------
純利益(損失) : (591)/(539)
----------------------------------------------------------------------


2010年度、四半期別


-----------------------------------------------------------------------
損益計算書 : 2010 4Q/2010 3Q/2010 2Q/2010 1Q
単位:100万米国ドル
-----------------------------------------------------------------------
純売上高 : 577/565/544/606
-----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)、 以下で調整[1]: (119)/(85)/(118)/(114)
-----------------------------------------------------------------------
- 統合関連の無形資産減価償却: (28)/(25)/(25)/(24)
-----------------------------------------------------------------------
- 再構築関連費用 : (24)/(19)/(5)/(27)
-----------------------------------------------------------------------
営業利益(損失)実額 : (171)/(129)/(148)/(164)
-----------------------------------------------------------------------
純利益(損失) : (177)/(121)/(139)/(154)
-----------------------------------------------------------------------


注記
[1] (調整済)営業損失とは、統合関連の無形資産減価償却と再構築関連費用を除外した営業損失を指します。経営陣は、継続事業に関する理解を深める一方、これらの項目が営業損失の実額に与える影響について説明する目的で、(調整済)営業損失を使用しています。
[2] 純財務状態とは、キャッシュ、キャッシュ同等物、短期性預金から成る金融資産から、当座借越、親会社からの短期の信用供与を含む金融負債を減じたものです。
[3] 未監査のプロフォーマ業績として提示されている数値は、ジョイント・ベンチャーST-Ericssonが2009年1月1日に設立されたものと仮定し、同日以降のST-Ericssonとその前身(ST-NXP WirelessとEricsson Mobile Platforms)による業績を加味したものです。(実際の事業開始は2009年2月2日です。)こうした業績は、情報上の理由で提示されているだけで、2009年1月1日に合併が生じた場合に実現していたはずの業績を示すものではありません。


編注
ST-Ericssonでは、コンファレンスコールをアナリストおよび投資家向けに、中央ヨーロッパ時間1月25日午後5時に開催します。コンファレンスに参加するための電話番号およびライブ ウェブキャスト、スライド資料は www.stericsson.com/investors/investors.jsp
にて入手できます。


概要: ST-Ericsson

ST-Ericssonは、幅広いモバイルテクノロジを網羅した、革新的なモバイル・プラットフォームと最先端のワイヤレス半導体ソリューションの完全なポートフォリオを開発、提供している世界的リーダー企業です。同社は携帯端末製造最大手各社へのトップサプライヤであるとともに、その製品とテクノロジは今日市場に供給されているすべての携帯電話の半数以上に採用されています。2010年の売上(暫定値)はおよそ23億ドルに達しています。ST-Ericsson は、STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM)およびエリクソン(NASDAQ:ERIC)による対等出資(50:50)の合弁企業として2009年2月に設立され、本社はスイス・ジュネーブに置いています。ST-Ericsson の詳細は、Webサイト www.stericsson.com をご覧ください。 www.twitter.com/STEricssonForum



お問合せ先:
Global Communications & Media Relations
Carol Streitberger Brighton, Geneva, Switzerland
Public & Media Relations
Roland Sladek, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 930 2733


Kristina Embring Klang, Lund, Sweden
Phone: +46 46 103 194
Email: media.relations@stericsson.com


Investor & Analyst Relations
Fabrizio Rossini, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 929 6973
Email: investor.relations@stericsson.com


Ericsson Investor Relations
Susanne Andersson, Stockholm, Sweden
Phone: +46 10 719 4631
E-mail: investor.relations@ericsson.com


STMicroelectronics Investor Relations
Tait Sorensen, Phoenix AZ, US
Phone: +1 602 485 2064
Celine Berthier, Geneva, Switzerland
Phone: +41 22 929 5812
Email: investors@st.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。