logo

OKI、コールセンターシステム「CTstage(R) 5i」を恵和ビジネスへ納入

Tokyo, Jan 20, 2011 - (JCN Newswire) - OKIグループの通信事業分野で商品企画・開発・販売を行うOKIネットワークス(社長:西郷 英敏、本社:東京都港区)のコールセンターシステム「CTstage(R) 5i」が、株式会社恵和ビジネス(社長:渡辺 淳也、本社:札幌市中央区、以下恵和ビジネス)の中国人観光客向け携帯電話通訳サービス「Weicall(ウェイコール)」に採用されました。本サービスは、観光ビザの規制緩和にともない急速に拡大している中国人観光客に対応する中国語通訳サービスを、商業施設、観光施設向けに携帯電話で提供するものです。同社の通訳サービスを提供するコールセンターは、2010年11月15日より札幌の拠点40席規模からスタートし、2011年2月には100席まで拡張する予定です。


恵和ビジネスは、システム開発、データ入力、ダイレクトマーケティング、ビジネスフォーム印刷などの各種情報処理サービスを行うアウトソーサーです。現在、増加する外国人観光客に対応するための通訳サービスを手軽に安価に利用したいというニーズが全国的に高まっています。恵和ビジネスは北海道でのこうした市場ニーズに対応するため、携帯電話通訳ビジネスを、ソフトバンクテレコム株式会社の協力で開発しました。本サービスのベースとなるコールセンターシステム導入にあたっては、2台の携帯電話とコールセンターの3者間でクリアな音質の通話ができること、席数の拡張や業務用アプリケーションのカスタマイズが柔軟に行えることが重要な選定ポイントでした。恵和ビジネスでは検討の結果、こうした要求事項の実現に柔軟かつ迅速に対応できる「CTstage 5i」を採用することにしました。


本サービスでは、2台1セットの携帯電話を外国人観光客が多く訪れる札幌市近郊を中心に道内および全国の商業施設や観光施設などに設置します。通訳サービスが必要な場合、接客スタッフが携帯電話からコールセンターにアクセスすると、2台の携帯電話と通訳専用コールセンターは「CTstage」のカンファレンス機能※1を使って同時接続されます。この3者間通話を行うことで、接客スタッフと観光客は迅速かつ手軽にオペレーターによる通訳サービスを利用することができ、円滑なコミュニケーションが実現できます。


また、今回導入したシステムでは、株式会社MITシステム研究所のCRMシステム「QuickCRM(R)」と「CTstage」を連携させることで、顧客(店舗)情報と課金情報の管理も可能となりました。「CTstage」で取得した携帯電話の通話時間を「QuickCRM」で店舗ごとの課金情報として自動集計することで、各店舗の利用状況をリアルタイムに把握できます。


恵和ビジネスでは、当面は急増している中国人観光客、そして台湾からの観光客に対応する中国語通訳サービスの提供を行い、将来的には順次対応言語やサービスエリアを拡大していく予定です。


OKIは今後も、コールセンターシステムのスペシャリストとしてお客様の要求にお応えしつつ、さらに革新的なソリューションを実現し、お客様の価値向上と成功に貢献します。


【Weicallサービス概要】
名称:Weicall(ウェイコール)
サービス内容:専用携帯電話2台による同時通話を利用した通訳サービス
(携帯電話は、ソフトバンクテレコム株式会社との契約が必要です)
サービスエリア:北海道内を始め、全国の観光・商業施設
サービス開始日:2010年11月15日
URL: リンク


【CTstageについて】
「CTstage」は、1996年の販売開始以来、累計販売数は6,900セット(2010年3月末時点)を超え、国内シェアNo.1 のコールセンターシステムとして幅広い分野に導入・運用されています。最新バージョン「CTstage 5i」では、大規模・分散拠点コールセンター需要に対応した機能を強化。さらに、50席以下の小規模顧客向け廉価版モデル「CTstage Lite」、SaaS型サービスモデル「CTstage SaaS」をリリースするなど、常に最新のシステムを提供しています。
URL: リンク


【QuickCRMについて】
「QuickCRM」は、株式会社MITシステム研究所のコールセンター向けCRMシステムです。オペレーター画面や帳票等が容易にカスタマイズ可能で、各種業務に対応したアプリケーションを短期間・ローコストで構築できます。2008年の販売開始以来、すでに50社以上の導入実績があります。
URL: リンク


【株式会社恵和ビジネス概要】
社名:株式会社恵和ビジネス
本社:札幌市中央区南2条西12丁目324番地1
代表取締役社長:渡辺 淳也
資本金:2億975万円(2010年3月期)
設立:1959年
従業員数:324人(2010年12月1日現在)
主な業務:システム開発、データ入力、ダイレクトマーケティング、ビジネスフォーム印刷などの各種情報処理サービス
URL: リンク


【用語解説】
※1 カンファレンス機能:複数話者とコールセンターを同時接続して音声通話を行うことができる機能。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 山本
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIネットワークス
事業本部 マルチメディアメッセージングビジネスユニット
URL: リンク


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。