logo

(大阪府箕面市)大幸薬品株式会社から新型インフルエンザなどの感染防止対策にマスクや消毒剤などの寄附をいただきました

1月19日(水)、ラッパのマークの正露丸でおなじみの大幸薬品株式会社から、「新型インフルエンザなどの感染防止に役立ててほしい」とマスクや消毒剤などの寄附(約4,200万円相当分)をいただきました。
寄附いただいた物品は市内の小中学校、保育所、幼稚園、老人介護施設のほか公共施設に配布するなど、新型インフルエンザなどの蔓延を予防し、発生時における被害の拡大を防止するため活用させていただきます。

1 概要
ラッパのマークの正露丸でおなじみの大幸薬品株式会社(吹田市内本町3-34-14)から、季節性インフルエンザを含め、新たに発生が危惧される新型インフルエンザなどの感染防止対策として、感染防止マスクや消毒剤などを寄附いただきました。
医療品市場において海外事業にも積極的に展開されている同社は、吹田市に本社を持ち、地元近隣への新型インフルエンザなどの感染防止対策に貢献したいと、多大な寄附をいただきました。

2 寄附物品
(1)感染防止マスク・・・15万枚
(2)消毒用ハンドジェル・・・5,000本
(3)クレベリンスプレー・・・1,000本
(ウイルス・菌除去スプレー)
   上記の物品は、希望小売価格ベースで
約4,200万円分に相当します。
3 活用方法
寄附いただいた物品は市内の小中学校、保育所、幼稚園、老人介護施設のほか公共施設に配布するなど、新型インフルエンザなどの蔓延予防と発生時における被害の拡大防止を図り、市民生活の安全・安心を確保するために活用させていただきます。

問い合わせ先
総務部市民安全政策課
  TEL 072-724-6750(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事