logo

ユビキタス機器向けリモート制御環境「SuperJ Engine Framework」を機能強化

OSGi Release 4 Version 4.2 準拠の認定を取得し、Home Gateway InitiativeのテストイベントにてSWEXテストスイート通過

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下日立ソリューションズ)は、ユビキタス機器向けリモート制御環境「SuperJ Engine Framework」の機能を強化し、最新のOSGi Service Platform(*1) Release 4 Version 4.2仕様(以下R4 V4.2と呼称)に準拠した製品であることをOSGi Allianceから認定されました。さらに、欧州の標準化団体Home Gateway Initiative(ボードチェアマン: Hans Werner Bitzer、以下HGIと呼称)(*2)のテストイベントに参加し、HGIの準備したOSGi仕様ベースのSWEX(Software Execution Environment)テストスイートの全数を通過しました。
 「SuperJ Engine Framework」はこの標準的なテストを通過することによって、ホームゲートウェイに適したOSGi準拠のミドルウェアであることが証明されました。

*1 標準化団体OSGi Allianceが規定する、遠隔からの管理を想定したJavaベースのソフトウェアモジュール実行環境の仕様です。仕様は、セキュリティ機構、モジュール機構、ライフサイクル機構、およびサービス機構から構成されています。
*2 2004年に欧州と日本の通信事業者により設立された非営利団体です。

 OSGi仕様は、Java仮想環境上で稼動し、多様なアプリケーションを開発、提供、管理するための統一的なサービスプラットフォームであり、標準化団体であるOSGi Allianceによって規定されています。今回、新たに準拠した最新のR4 V4.2は、2009年9月に公開された仕様です。「SuperJ Engine Framework」は、このオープンな標準仕様であるOSGi仕様に準拠したフレームワークおよび標準サービスから構成され、ホームゲートウェイを代表とする様々な端末に搭載することにより、アプリケーションの配布管理を容易に実現するミドルウェア製品です。

■ OSGi R4 V4.2仕様の概要

バンドル(*3)間のアクセス制御機構が強化されました。バンドルに付与された電子署名に基づいたパッケージのインポート、サービスの取得を許可できるようになり、より柔軟なアクセス制御を実現できます。
バンドルのアクセス権設定が改善されました。V4.1までは許可するアクセス権を指定することでバンドルの機能制限を行う仕様となっていましたが、V4.2では、拒否するアクセス権も指定できるようになりました。
*3 バンドルとは、OSGi仕様に準拠したJavaベースのソフトウェアです。
 これらをサポートした「SuperJ Engine Framework」は、リモート制御環境としてホームゲートウェイに優れた"アプリケーション配布"の機能を提供できます。

■ HGIテストイベント

 HGIの目的はホームネットワークサービスの普及を促進することであり、その一環としてホームゲートウェイ共通に求められる要求仕様を定義し、互換性向上を目的としたテストイベントを開催しています。このテストイベントは今年2回目を数え、2010年11月24日から12月3日にUKのHull市で開催されました。そのテスト項目は、パフォーマンス・電力・QoS・OSGi仕様にわたり、多面的にホームゲートウェイを評価するものです。「SuperJ Engine Framework」はSWEXのテストで、仕様に準じたテスト項目を全て通過しました。

■ SWEXテストの概要

● プラットフォームテスト: OSGiの基本API、リモート管理サービスの機能をテスト
● 堅牢性テスト:不適当なOSコマンドやネィティブコードの実行制御機能をテスト
● ベンチマークテスト:ベンチマークテストを問題なく実行できることをテスト
 今回R4 V4.2に新たに準拠し、HGIのSWEXテストを通過したことにより、「SuperJ Engine Framework」は、ホームゲートウェイに適したOSGi準拠のミドルウェアであることが証明されました。今後、世界のホームゲートウェイ・サービスにおける標準の基盤ソフトウェアとして普及に取り組んで参ります。
■ 「SuperJ Engine Framework」について

リンク

■ Home Gateway Initiative(HGI)について(リンク
HGIは、2004年に欧州と日本の通信事業者により設立された非営利団体です。HGIはホームネットワークの仕様をOSGi Alliance、Broadband Forumと共同で検討・策定を行っています。2010年8月時点で60社以上、日本企業では通信事業者、大手電機メーカ、通信機器メーカ等がメンバです。日立ソリューションズは2010年10月に加入しています。

<製品に関するお問い合わせ>

■ 日立ソリューションズ
URL:リンク Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署: CSR統括本部 コーポレート・コミュニケーション本部 広報・宣伝部 広報グループ
担当者 :廣納(ひろのう)、柴田
Tel:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ Java及び、全てのJava関連の商標は、米国及びその他の国における米国Oracle,Incの商標または登録商標です。
※ OSGiは、米国OSGiアライアンスの登録商標です。
※ SuperJ Engineは、日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。