logo

イー・ガーディアンとデジタルハーツ業務提携

ソーシャルアプリプロバイダー・オンラインゲームパブリッシャー向け 企画立案から運営までゲーム事業をワンストップで提供

イー・ガーディアン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:高谷 康久 以下、イー・ガーディアン)と株式会社デジタルハーツ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 CEO:宮澤 栄一 以下、デジタルハーツ)は、ソーシャルアプリプロバイダー・オンラインゲームパブリッシャー向けのゲームに関連する業務について提携いたしました。

急成長するソーシャルアプリ・オンラインゲーム市場では、ユーザーがゲームを長く続け、長く楽しむために、品質の高さが求められています。(ゲームプレイヤーのゲームに対する評価要素として21.6%のユーザーが「運営」を挙げている一方、ゲームを辞めた理由としては「運営に対する不満」が14.2%、「ゲーム内トラブル」が5.5%を占めています(出典「オンラインゲーム白書2009」株式会社メディアクリエイト調べ)。
品質の基準として、ゲームの楽しさはもとより、安全安心に楽しめる環境や盤石な運営体制は必須です。そういった市場において、デジタルハーツは主力事業であるユーザーデバッグ業務と併せてモニタリングサービスや負荷テストサービスなどの分野で、イー・ガーディアンはカスタマーサポートや運用などの分野で、実績を築いてまいりました。


このような背景において、今回の業務提携により、コンテンツの企画立案から運営代行、フォローアップサポートまでワンストップでコンテンツ展開を支援するサービス『ソーシャルアプリ One-stop Solution(略称:SOS)サービス』の提供を開始いたします。ユーザーデバッグや運用サポート業務などコンテンツ運営に必要な一連の業務をパッケージ化することで、ソーシャルアプリケーションプロバイダー様やオンラインゲームパブリッシャー様の作業効率向上を図るとともに、両社の豊富な経験とノウハウを活かした高品質なサービスの提供を実現致します。


イー・ガーディアンは、問い合わせ対応・投稿監視や不正調査業務、ゲーム運営など運用サポート全般を行います。また、デジタルハーツは、ソリューション提案やモニタリング、マーケティング活用支援、負荷テストサービスなどの総合デバッグ業務を行います。


【SOSサービス概要】
■イー・ガーディアン:問い合わせ対応・投稿監視や不正調査業務、ゲーム運営など運用サポート全般を行います。
■デジタルハ―ツ  :ソリューション提案やモニタリング、マーケティング活用支援、負荷テストサービスなどの総合デバッグ業務を行います。
(※イメージ図をご参照ください)


【イー・ガーディアン概要】
ソーシャルアプリケーション・オンラインゲーム・SNSなどのソーシャルメディア投稿監視業務、カスタマーサポート業務で業界トップクラスの実績を築き、インターネットサービスの健全な進歩発展に貢献しております。


【デジタルハーツ概要】
発売前のソフトウェアに内在する不具合を、ユーザー視点から検出する「ユーザーデバッグ」の専門企業として、平成13年の創業以来、あらゆる製品・ソフトウェアにおけるユーザーデバッグの実績を持つ企業です。また、主力事業であるユーザーデバッグサービスと併せて、モニタリングサービス「DH EYE」や負荷テストサービスを提供しており、今日までその実績を積んでおります。


【イー・ガーディアン株式会社 会社概要】
代表者:代表取締役社長 高谷康久
所在地:東京都港区麻布十番1-2-3 プラスアストルビル4F
設立:平成10年5月
資本金:33,400万円
業務内容:ブログ・SNS・掲示板企画コンサルティング/リアルタイム投稿監視業務/ユーザーサポート業務/オンラインゲームカスタマーサポート業務/コンプライアンス対策・風評・トレンド調査業務/コミュニティサイト企画・サイト運営代行業務・広告審査代行サービス業務/人材派遣業務
URL:リンク


【株式会社デジタルハーツ 会社概要】
代表者:代表取締役社長 CEO 宮澤栄一
所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル32F
設立:平成13年4月
資本金:27,271万円
業務内容:総合デバッグサービス/社内検証によるデバッグサービス/テストプレイ & チューニングサービス/デバッグスタッフの派遣
URL:リンク

このプレスリリースの付帯情報

ソーシャルアプリ One-stop Solution サービス概要

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事