logo

商業ビルはエネルギー管理システムによってスマートグリッドに

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「ビルエネルギー管理システム(BEMS)市場調査:商用ビルの実用化システム(エネルギー効率化/需要反応/エネルギー管理/施設の自動化) - Building Energy Management Systems」のプレスリリースのおいて、BEMS市場の収益は2010-2016年に9億ドルから24億ドルまで成長するだろうと予測している。

ビルのエネルギー管理システム(BEMS)市場は、大規模建造物のエネルギー効率化市場における成長分野であり、エンドユーザに商業ビルのエネルギー効率化の意義をおおいに知らしめている。そのソリューションは、エネルギー効率の最適化ソフトウェアから需給サイドのエネルギー管理構造の予測まで幅広い。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「ビルエネルギー管理システム(BEMS)市場調査:商用ビルの実用化システム(エネルギー効率化/需要反応/エネルギー管理/施設の自動化) ー Building Energy Management Systems:Enabling Systems for Energy Efficiency, Demand Response, Energy Management, and Facility Automation in Commercial Buildings」は、ビルのエネルギー管理システムセクターは、幅広いスマートグリッドの市場動向における重要で急成長するアプリケーション分野であり、その収益は標準的なシナリオでも2010-2016年に9億ドルから24億ドルまで成長するだろうと予測している。


「商業ビルのエネルギー効率化は一般的であり、建造物のエネルギー管理システムはより特殊なものであるが、ビルの所有者や管理者にとって投資利益率(ROI)の大きい急成長分野である。現在のところ、大規模な建造物に注目が集まっているが、数年後にはベンダは20万平方フィート以下のより小規模の建造物を対象としても魅力的なROIを提供して大きな収益を得るようになるだろう」と調査アナリストのJevan Fox氏は語る。


ビルのエネルギー管理システム市場はさらに、ITベンダやスマートグリッド企業、公益企業、建造物管理システムベンダ、コスト削減サービスプロバイダなどのエネルギー効率化の関連企業などと接点がある。このような協業の結果、ビルのエネルギー管理システム製品はより洗練され、エンドユーザにエネルギー削減を提供し、更なる省エネアプリケーションへの再投資を促すだろう。


【調査レポート】
ビルエネルギー管理システム(BEMS)市場調査:商用ビルの実用化システム(エネルギー効率化/需要反応/エネルギー管理/施設の自動化)
Building Energy Management Systems
Enabling Systems for Energy Efficiency, Demand Response, Energy Management, and Facility Automation in Commercial Buildings
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。