logo

無線センサーネットワークとホームコントロール

802.15.4、ZigBee、IP/6LoPAN、Z-Waveなどの無線コントロールプロトコル

家庭で利用されている標準ベースの無線センサーネットワークは、長い間、ホームオートメーションシステムと同義であった。ホームオートメーションがこれまで長らく支えてきたエネルギー管理、ホームエンターテインメント管理、医療、セキュリティなどの幅広い家庭向けのアプリケーション分野の技術の組合せにおいて、無線センサーネットワークの採用が進むだろうが、家庭での無線オートメーションの採用と普及は、消費者主導でより最先端の独特なものとなるだろう。これを主導するのは、無線センサーネットワーク技術標準採用の拡大であるだろう。標準化によって、実現可能市場の規模が拡大し、様々な機器で幅広い相互運用性が高まることで、無線通信技術のコストが削減できる。家庭向けの無線センサーネットワークの認識が高まれば、ホームオートメーションは、様々なホームコントロールやエンターテインメント、家電デバイスなどにわたる広範なものに変化するだろう。家庭の機器の無線管理によって可能性が高まり、様々な産業界の企業が接続や機器を提供するようになるだろう。この調査レポートは、低出力のセンサーや住宅向け市場のIEEE 802.15.4 PHY半導体によるアクチュエータネットワークの市場機会を分析している


【調査レポート】
無線センサーネットワークとホームコントロール:802.15.4、ZigBee、IP/6LoPAN、Z-Waveなどの無線コントロールプロトコル
Wireless Sensor Networks and Home Control
802.15.4, ZigBee, IP/6LoPAN, Z-Wave, and Other Wireless Control Protocols
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事