logo

再生可能エネルギー発電のナノ技術

太陽電池、風力タービン、燃料電池

グリーンナノテクノロジーの発展や、ナノテクノロジーを組み込んだクリーンなエネルギー効率化アプリケーションの新しい市場が誕生しつつある。太陽光からナノクリスタルによって発電する太陽光発電などの高度に環境的に効率のいい発電方式や、ポリマーナノスフィアを利用して有害な物質を除去する浄水システムなどの新世代の環境技術は、エネルギー企業や石油会社にとって大きなビジネスチャンスである。この調査レポートは、太陽光発電、風力発電、燃料電池の市場を調査している。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電への世界の投資と、太陽電池や風力タービン、タービンブレードの製造にナノ素材を利用するとどのような削減が図れるかの可能性を予測している。その予測のために、グリッドに組み込まれた太陽光発電量、太陽光発電への世界の投資額、世界の太陽電池出荷数、ナノ技術を利用した場合の太陽光発電による削減の可能性、世界の風力発電投資、タービンの出荷数、グリッドにくみ込まれた風力発電、ナノ技術を利用した場合の風力発電による削減の可能性、燃料電池の出荷数を、2010-2015年の予測期間で、年間と累積ベースで、世界の主要地域毎に予測している。


【調査レポート】
再生可能エネルギー発電のナノ技術:太陽電池、風力タービン、燃料電池
Nanotechnologies for Renewable Energy Generation
Photovoltaic Cells, Wind Turbines, and Fuel Cells
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。