logo

次世代UnifiedGateシリーズ2機種「UnifiedGate1005」「UnifiedGate404」1月末より同時発売開始

より高速、よりセキュアなレイヤー2VPN(拠点間HUB)装置
次世代UnifiedGateシリーズ2機種
「UnifiedGate1005」「UnifiedGate404」
1月末より2機種同時発売開始


株式会社マイクロリサーチ(本社:東京都品川区南品川 代表取締役社長 井澤誠)は、レイヤー2VPN(拠点間HUB)装置の従来製品UnifiedGate304をベースに、従来機種で定評のあった利便性をさらに高め、パフォーマンスを向上させた次世代UnifiedGateシリーズ2機種「UnifiedGate1005」「UnifiedGate404」を開発、1月末より、SI/NI業者、代理店および直販オンラインショップMRダイレクトを通じて販売を開始します。

「UnifiedGate1005」につきましては、ギガビット回線に対応し、クラウドサービス/IDCなどのセンター拠点やIP-TV会議などの映像配信サービス事業者において、高速かつセキュアなサービス提供が実現可能な製品となっています。

-------------------------------------------------------
高い処理能力とギガビットイーサネット対応で、
センター拠点にも最適なハイエンドタイプ
UnifiedGate1005
JANコード:4935328010416
価格:オープン (市場予想価格:207,900円前後)

コストパフォーマンスに優れた、クライアント拠点に
最適なスタンダードタイプ
UnifiedGate404
JANコード:4935328010423
価格:オープン (市場予想価格:93,975円前後)
-------------------------------------------------------

■製品概要
UnifiedGate(ユニファイドゲート)は、インターネット網や地域IP網を利用し、ハードウェア機器で広域イーサネットサービスと同様の機能を実現するレイヤー2VPN(拠点間HUB)装置です。UnifiedGateによって構築されるレイヤー2VPNは、VPNルーターを用いた一般的な “インターネットVPN” による拠点間接続(レイヤー3VPN)と異なり、各拠点を同一ネットワークとして(事務所の同一フロア内でHUBを介したネットワークのように)扱えるようになるため、あらゆるIPフレーム/イーサネットフレーム(例.IPブロードキャスト、IPマルチキャスト、IEEE802.1Q VLANタグを含むイーサネットフレーム、ARP、NetBIOSなど)を利用することが出来ますので、非常に柔軟かつ多種多様な拠点を跨いだネットワーク環境を、容易に構築することが可能です。
今回、開発した “次世代UnifiedGateシリーズ”では、レイヤー2VPNの利便性をさらに高めるべく、下記の機能に対応しました。(詳細は次項 “主な機能・特長” を参照)
●IPsec NATトラバーサル機能
●リモート・リンク・アグリゲーション機能
また、上位機種の「UnifiedGate1005」では、WAN/LANともにギガビットイーサネットに対応しています。EtherIPトンネル時 最大 約600Mbps、IPsecトンネル(暗号モード:AES)時 最大 約160Mbpsのスループット性能を有していますので、高い通信負荷が見込まれるセンター拠点の装置としても、安心して利用できます。


■主な機能・特長
IPsec NATトラバーサル機能対応
既にルーターが設置されているネットワーク環境においても、ルーターの設定変更を行うことなく、容易に設置・運用を行うことが可能です。


リモート・リンク・アグリゲーション機能対応
UnifiedGateを2台設置し(※1)、2本のブロードバンド回線(異なるキャリア可)をUnifiedGate 2台で束ねて利用することで、拠点間の通信帯域を安価に増大すると同時に、回線の冗長化を行うことが可能です。


WAN/LAN全ポートギガビットイーサネット対応 (UnifiedGate1005)
WAN側1ポート、LAN側4ポートのギガビットイーサネットポートを搭載しています。
100Mbpsを超える接続サービスや、多くのクライアント拠点を束ねるセンター拠点の装置として利用することが可能です。EtherIPトンネル時 最大 約600Mbps(※2)、IPsecトンネル(暗号モード:AES)時 最大 約160Mbps(※2)のスループット性能を有しています。


さまざまな回線に対応
固定IPアドレス設定、PPPoEクライアント、DHCPクライアントに対応していますので、さまざまなブロードバンド回線の利用が可能です。


WAN側IPv6対応
従来のIPv4ネットワークを介したレイヤー2VPNだけでなく、IPv6ネットワークを介したレイヤー2VPNの構築が可能です。(IPv6の設定は固定、もしくはRAでの取得が可能です。)


拠点間接続トポロジ フルメッシュ型/スター型 対応
フルメッシュ型とスター型の拠点間接続トポロジに対応しています。お客様のニーズに合わせて、より最適なレイヤー2VPN環境を構築することが可能です。


2種類のトンネル方式に対応
EtherIP、IPsec(NATトラバーサル)の2種類のトンネル方式に対応しています。
ご利用方法などに応じて、セキュアで柔軟なレイヤー2VPN環境を構築することが可能です。


ダイナミックDNS対応
UnifiedGate自身がダイナミックDNSサーバー/クライアントの両方に対応していますので、他の機器を利用することなく、ダイナミックDNSを利用することが可能です。ダイナミックDNSサーバー側に固定IPアドレスを契約するのみで、ダイナミックDNSクライアント側は動的IPアドレスでもレイヤー2VPN環境を構築することが出来ます。これにより、多拠点のレイヤー2VPN環境における、月々のランニングコスト削減に貢献します。


多彩な設定、管理機能対応
http(WWWブラウザ)によるGUI設定、telnetによるCLI設定、およびSNMPエージェント機能を搭載しています。ローカル側からはもちろん、遠隔地からメンテナンスを行うことが可能です。


セキュリティ機能対応
IPアドレスフィルタ、機器設定保護フィルタ、MACブロードキャストフィルタ、MACマルチキャストフィルタ、MACアドレスフィルタ機能を搭載しています。


RoHS指令準拠
2006年7月からEU圏で施行された「電気電子機器における特定有害物質の使用を制限するための指令(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)」に準拠しています。


※1:別途、リンク・アグリゲーション機能に対応したL2スイッチが必要です。
※2:スループット値は、SmartBitsによる実測値です。


■付属品
・ツイストペアケーブル(CAT5e)3m
・専用電源アダプター
・電源ケーブル抜け防止クランプ
・CD-ROM(マニュアル)
・安全のためのしおり(保証書)

このプレスリリースの付帯情報

次世代UnifiedGateシリーズ2機種「UnifiedGate1005」「UnifiedGate404」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事