logo

就職先としての魅力度で日本企業と欧米企業の間には大きな開きがエーオン ヒューイットとJobStreet.comが共同で実施した調査結果を発表

エーオンコンサルティングジャパン株式会社 2011年01月12日 11時23分
From PR TIMES

報道関係者お問い合わせ先:

Awie Foong
Associate Director | Global Research Center
Aon Hewitt
+6562398861
awie.foong@aon.com

臼井良太
エーオン ヒューイット ジャパン
03-3237-4319
ryota.usui@aon.com

菱垣雄介
ジョブストリート・アセアンビジネスコンサルティング
03-6272-9760
yusuke@jobstreet.com


即時リリース


就職先としての魅力度で日本企業と欧米企業の間には大きな開きが
エーオン ヒューイットとJobStreet.comが共同で実施した調査結果を発表

日本、1月12日 - ジョブストリートとエーオン ヒューイット(米エーオン コーポレーション (NYSE: AON)のグローバル人事コンサルティング子会社)が共同で実施した調査の結果、東南アジアおよび南アジア地域に居住する求職者は、就職先として日本企業よりも欧米企業の方を好ましく感じていることが明らかになった。調査回答者の内、78%が米国企業を好ましい就職先として選択しており、次いで、イギリス、オーストラリア企業がランクの上位を占めた。日本企業の総合的な人気度は60%で、これは調査対象となった企業の国籍ランキングでは12カ国中第5位に相当する。
アジア地域において日本企業が最も人気がある国はフィリピンで、同国でのランクは第4位となった。反対に最も人気がないシンガポールでのランクは第7位という結果が出た(※図表1参照)。
エーオン ヒューイットとJobStreet.comによる『アジアのホワイトカラーが働きたい企業調査』は2010年の10月に実施され、日本を含む12の国籍の企業に対する意識についてアジア全域に居住する14,000名の求職者からの有効回答が得られた。調査はインド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、バングラディシュ、ベトナム、およびタイの8カ国で実施された。

人気度は、就職先となる企業の国籍の選択肢として”好ましい“あるいは”非常に好ましい”と回答した割合を示す。

調査結果は、求職者に対する企業の魅力という点でアジア企業と欧米企業の間に大きな開きがあることを示している。米国、イギリスの企業の人気度が、いくつかの国において84%や78%といった高い数値を示しているのに対し、アジア企業の場合は、最もランクが高い日本企業であっても人気度は66%が最高である。
「最も印象的なのは、好ましい就職先という点でアジア企業がいかに遅れをとっているかということです。域内における厳しい雇用市場や好調な雇用状況という2011年の見通しを考えると、アジア企業は、自国内およびアジア地域全体の両方で、自社のバリュープロポジションをより一層強化し、自社に必要な人材を引きつける努力が今後一層必要になるでしょう」とジョブストリート・アセアンビジネスコンサルティング取締役の菱垣雄介は述べている。

さらに、調査結果からは、求職者が就職先を選択する際に最も重要な要素は労働環境であることも明らかになった。その他、海外での研修参加や能力開発の機会があるかどうか、会社が世界一流の製品やサービスを提供しているかなどが就職先選択の際の重要な要素として挙げられている(※図表2参照)。

全体的には、特定の国籍の企業による製品やサービスの品質と、就職先としてのそれらの国籍企業の人気度には相関関係が認められますが、日本企業の場合にはこれが当てはまりません。
調査では、日本企業の製品およびサービスには全体の中で最も高い評価が与えられています。全有効回答者のうち45%が日本製品に対してきわめて好ましいという評価をしており、米国(41%)、ドイツ(37%)、イギリス(31%)、およびオーストラリア(19%)の評価を上回っています(※図表 3 参照)。

エーオン ヒューイット ジャパン代表取締役の堀江徹は、「日本企業は、就職先としてのイメージや評判という観点になると、他のすべての国籍の企業に遅れを取っています。日本企業がよく考えないといけない課題は、なぜ、いまだに、製品の優位性でレバレッジを利かせて優秀な人材を引きつけることができないのかということです」と語る。
また、制限されたキャリアパスや賃金の低さなども、英米の企業に対する日本企業の人気度の低さの主な要因になっている可能性があると付け加えた。
堀江は、次のようにも指摘している。「日本の多国籍企業の多くはR&Dをはじめとした高い付加価値を生み出す部門を日本国内に置いています。一方、海外における事業展開は日本人駐在者によって率いられていることが通常で、その結果、ローカルスタッフへの権限委譲やリーダー育成がほとんど行われてきていません。」
国内市場が飽和状態にある中、日本企業はグローバル市場におけるプレゼンスを高めることに対するニーズを多いに認識している。
雇用市場が厳しいアジアにおいては特に、レピュテーションリスク(評判リスク)を管理することがグローバルな雇用者になる上で重要な課題になるであろう。優秀な製品ブランドの重要性は変わらない一方で、日本企業にとっては雇用者としてのブランド価値向上を学ぶ時期に来ているのである。

※※文中記載の図表に関しては、下記URLよりご確認下さい。※※
リンク

-以上-


エーオン ヒューイット / JobStreet.com『アジアのホワイトカラーが働きたい企業調査』
2010年の『アジアのホワイトカラーが働きたい企業調査』は、JobStreet.comとエーオン ヒューイット コンサルティングにより共同で実施されました。調査は2010年10月にオンラインで行われ、総計13,964の有効回答が集められました。回答者のうち11%が大学卒で、そのうちの17%が修士以上の学歴を有しています。57%の回答者は30歳未満で、30%が30歳代です。男女比率はおおよそ3対2です。全回答者のうちほぼ98%が、フィリピン(38%)、マレーシア(25%)、インドネシア(18%)、インド(10%)、およびシンガポール(7%)の5カ国に居住しています。

エーオン ヒューイットについて
エーオン ヒューイットは世界最大の組織人事コンサルティングおよびアウトソーシングサービス企業です。クライアント企業のパートナーとして、福利厚生や人材管理に関連して組織が直面する、複雑な財務上の課題解決と業績向上をお手伝いします。エーオン ヒューイットは、人事管理、退職金・年金、投資管理、保険・福利厚生、報酬等、人材管理に関わる幅広いサービスの提案、設計、導入、運用等を行います。エーオン ヒューイットの組織は世界90カ国/地域に展開し、29,000名のプロフェッショナルを抱えています。エーオン ヒューイットのサービスは、クライアント企業とその従業員に対してより働きやすい職場と環境の提供を実現するものです。エーオン ヒューイットに関する詳細は、ウェブサイトwww.aonhewitt.com(英語サイト)およびwww.aon.com/japan(日本語サイト)でご確認ください。

エーオンについて
エーオン コーポレーション (NYSE: AON) は、世界最大のリスクマネジメントサービス、保険および再保険仲介、および組織人事コンサルティング企業です。グローバルで活躍する59,000名のプロフェッショナルの手によって、革新的で効果的なリスクマネジメントおよび人材管理ソリューションを通じた多大な価値をクライアント企業に提供します。業界トップのグローバルリソースとエキスパートは120カ国 / 地域で500を超える事業所に点在しており、ローカル市場のニーズに合わせたサービスを行っています。エーオンは、米Euromoney 誌のインシュランスサーベイで2008年、2009年、2010年と3年連続ベスト保険ブローカーに選出されました。同Business Insurance誌がリテール、卸、再保険、個人保険による売上を基準に選出した保険会社ランキングでは2008年と2009年にトップにランクされました。また、同誌の読者投票では、最優秀保険代理店、最優秀再保険ブローカー、および最優秀福利厚生コンサルティング企業に3年連続で選出されました。同じく、2007年~2009年には、A.M.Bestによる格付けでも売上世界一の保険会社として認定されました。エーオンに関する詳細は、ウェブサイトwww.aon.com/japanでご確認ください。また、エーオンとマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームスポンサーシップに関する詳細は、www.aon.com/manchesterunitedでご確認ください。 
ジョブストリートについて
ジョブストリートは、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、インド、日本、およびタイの6カ国の雇用市場をカバーするオンライン採用ウェブサイト (www.jobstreet.com) を運営しています。現在、グループ全体で60,000超の企業カスタマーおよび800万人超の求職者にサービスを提供しています。ジョブストリートはマレーシア証券取引所に上場しています (JOBST)。日本拠点であるジョブストリート・アセアンビジネスコンサルティング株式会社は、東南アジアおよびインド市場において、日系クライアントが域内のローカルリソースをフル活用し戦略や事業展開を支援するためのサービスを提供しています。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。