logo

OKI、「LED総合評価サービス」の提供を開始

Tokyo, Jan 12, 2011 - (JCN Newswire) - OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:浅井 裕、本社:東京都練馬区)は、本日よりLEDの品質評価を総合的に行う「LED総合評価サービス」の提供を開始します。


近年、LEDは省電力で寿命が長いことから、照明器具などで急速に普及し、液晶テレビ用バックライトや自動車のヘッドライトへの利用など用途も拡大しています。しかし現在、LEDの熱・光学の両特性評価を含む企業向けのLED総合評価サービスは存在しないため、自社で評価設備を揃える必要があり、企業の負担になっていました。


OKIエンジニアリングはLEDの設計・開発・製造を行う企業を支援するため、「LED総合評価サービス」の提供を開始します。サービス内容は従来、提供してきた熱特性評価、信頼性試験、構造・故障解析に加え、新たに積分球※1を用いた光学特性測定システムの導入により全光束、色温度など光学特性の評価を可能とし、LEDの品質を総合的に評価します。特に熱・光学特性の評価については、熱特性評価システムに光学特性評価システムを組み合わせることで両特性を同時に測定し、短期間で評価を行い、LED関連製品の開発を支援します。


なお、OKIエンジニアリングは2011年1月19日-21日、東京ビッグサイトにて開催される「第3回 国際カーエレクトロニクス技術展」(ブースNo.東9-002)に出展し、本サービスについて紹介します。


【本サービスの特長】
- LEDの構成材料ごとに熱特性を測定
- LEDの熱と光学特性を同時に測定し、短期間での評価が可能
- LEDの使用環境を想定した様々な信頼性試験を提供
- LEDの故障状況を把握・観察・解析し故障原因を推定
- LEDの構造を観察・解析し故障に至る弱点を指摘


【販売計画】
価格:個別見積り
販売目標:2011年度3,500万円


【用語解説】
※1:積分球
光源の全光束を測定するため光を空間的に積分する球形の装置のこと。


【リリース関連リンク】
サービス紹介サイト: リンク
第3回 国際カーエレクトロニクス技術展 出展情報: リンク


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話:03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング 信頼性技術事業部
電話:03-5920-2354
お問い合わせフォーム URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。