logo

バーコードスキャニングの市場分析

携帯型と据え置き型のレーザバーコードスキャナとイメージャ

市場が低迷した2008年と、出遅れ感のあった2009年を経て、小売業者、メーカー、その他のコアエンドユーザは、徐々にITへの支出/投資を再開し始めた。2010年はこの傾向が継続し、主要ベンダは、レーザスキャナなどの2009年に二桁の収益減が見られた製品群で力強い成長が見られ、2009年と比べると非常に堅調な四半期毎の成長を記録している。携帯型バーコードスキャナの市場収益は、2008-2009年に20%以上、下落したが、2010年には復活している。据え置き型のバーコードスキャナ市場は、それ以上大きく約30%の下落した。米国調査会社ABIリサーチは、携帯型バーコードスキャナは、2010年に12%、2011年に10%で成長し、携帯型と据え置き型の両方のスキャナ市場の収益は年間7%成長するだろうと予測している。
この調査レポートは、バーコードスキャナ市場の市場規模、成長要因、主要トレンド、競合の予測、市場全体の動向などを記載している。技術、垂直市場、バリューチェーン、競争環境などについても記載している。市場予測は、携帯型バーコードスキャナ(レーザ、リニア、2Dイメージャ、ペン入力)と据置き・固定・ハンズフリーバーコードスキャナ(産業用レーザ、産業用イメージャ、POS)に分けて行っている。出荷数と収益の予測を、製品カテゴリー毎、技術毎、地域毎、垂直市場に細かく分類して行っている。


【調査レポート】
バーコードスキャニングの市場分析:携帯型と据え置き型のレーザバーコードスキャナとイメージャ
Barcode Scanning Markets
Handheld and Stationary Laser Barcode Scanner and Imager Market Analysis
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事