logo

ソーシャルマッチングサービス「おたくま」監修「日本全国おたく統計データ2010年度版発表」

C.S.T.エンターテインメント 2011年01月11日 10時00分
From DreamNews

シー・エス・ティー・エンターテインメント株式会社(所在:千葉県、代表:福島利和)が開発・運営を行う、おたく趣味専用のソーシャルマッチングサービス「おたくま」では、昨年1月に発表した「日本全国おたく統計データ2009年度版」に引き続き、2010年度版の統計データを発表いたします。
今回集計されたデータは、総会員数2万900名の中から、データ精度を高めるため2010年1月1日から12月31日の期間、ソーシャルマッチングサービス「おたくま」内で最低15回以上のログイン実績のあるユーザーデータのみを選別して抽出。

発表する情報は、会員が「おたくま」内で活動するにあたって必須で登録する「おたく趣味データ」や、会員の基本情報を元に集計されており、人気ランキングに至ってはその時期発売された商品や流行に左右されることなく、「自分が最も好きな趣味」という事が基準に選ばれています。

新商品の売れ行きランキングなど、瞬間風速の情報に左右されない「真実のおたく人気ランキング」。
国内最大規模の「おたく」専門マッチングコミュニティサイトだからこそ提案できる「おたく統計データ」を、シー・エス・ティー・エンターテインメント株式会社では今後とも定期的に発表してまいります。

リリースURLはこちら 【 リンク


■日本おたく人口統計データ2010年度版 ~大都市オタク人口減少、近隣県が増加傾向~

2009年度版として昨年1月に発表した「日本おたく人口統計データ」。
一年が経過し今回上位で動きがあったのは3位の埼玉。前年は8.0%の大阪に0.3%差の7.7%で4位という結果だったが、今年度、大阪は前年の8.0%と同一で変動がなかったものの、埼玉が0.6%一気に増え8.3%で3位に上昇している。
その他では、北海道(-0.6%)・東京(-0.5%)・福岡(-0.3%)・京都(-0.2%)・宮城(-0.1%)・広島(-0.1%)などいわゆる「主要都市」が目だって減少傾向、逆に減少した都市の周辺の埼玉(0.6%)・千葉(0.4%)・兵庫(0.3%)・栃木(0.2%)・滋賀(0.3%)などが軒並み増加傾向にある。
今回の増減原因を考えると、大都市を抱える東京などが現象傾向なのに対し、近県が増加傾向になっていることから「通勤しやすく家賃の比較的安い近県」に人気が高まっているものと見られ、不況の影響でUターンなどによる人口移動が発生しているとは考え難い。

なお今回も、太平洋ベルト地帯および、山間部を中心とした地域に細かい人口増減があったのに対し、前回とほぼ変化をみせなかったのは日本海側沿岸にのびる一帯。
日本海側端の鳥取・島根は前回同様「おたくの少ない県」1位・2位を揃って獲得している。

▼日本おたく人口統計データ数値表

【集計方法について】
前回統計データではソーシャルマッチングサービス「おたくま」が2009年4月27日にサービス開始だったこともあり、サービス開始日から2009年12月4日までに会員登録のあった13,757名中、有効者8,479名を対象に集計を行ったが、今回はサービス開始から1年経過したこともあり、データ精度を高めるため、集計データ抽出時点の総会員数20,400名の中から2010年1月1日から12月31日の期間15回以上のログイン実績があった会員データのみを抽出して集計を行なった。

対象期間: 2010年1月1日から12月31日
総対象者: 9,430名(総会員20,400名中より選定)
有効対象者: 8,088名
非有効対象者: 1,342名(未回答、海外など除く)

▼前年データをご覧になりたい方はこちら
リンク

■瞬間風速のランキングに左右されない!真実の「おたく定番」ランキング!

今回の集計で上位に大きく動きがあったのは1位にランク入りした「ニコニコ動画」。
前回10位圏外だったものの2010年度版では大きく支持数を増やしいきなりの1位獲得。
昨年末、ニコニコ動画がこれまでの赤字運営を払拭し、黒字化を発表した事にも裏づけされるよう、公式生放送の増加やオフラインイベントの開催など様々な活動を通じてその人気を不動のものにした事が伺える。

その他には8位の「ポケットモンスター」。2010年9月に発売され、DSソフトとしては史上最速で予約数100万本突破及び、2010年度上半期ゲームソフト売り上げ1位を記録した「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」の影響が大きく響いた様で、今回集計をおこなった「おたく統計データ」期間中の下期において大きく設定変更や新規登録が行なわれている。

なお、9位の「モンスターハンター」については、昨年Wii版やPSP版の発売が昨年あったことなどからシリーズ総称として登録されている様子が伺える。

▼全おたくジャンルから集計された最も登録の多かったワードランキング



【集計方法について】
ソーシャルマッチングサービス「おたくま」では、サイト特性の「マッチングシステム」を稼動させるため、会員のもつ「おたく趣味」をフリーワードで登録する仕組みとなっている。

また登録後も登録データを随時変更できるなどの特性もあるため、一般的なアンケート集計とは異なり、より真実味の高いデータが蓄積されている。

今回は2010年1月1日から12月31日の期間に新たにマッチングシステムに登録もしくは変更が記録されている商品名、作品名、人物名など固有名称17,065ワードを対象に集計を行なった。

対象期間: 2010年1月1日から12月31日
総対象者: 17,065ワード

▼前年データをご覧になりたい方はこちら
リンク


【 リリースURLはこちら リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。