logo

エーディーシー『ネット削除代行・発信者調査特定サービス』を開始◇ネット上の誹謗中傷書込みや流出漏洩した個人情報や企業の機密情報等の削除代行および投稿者とサイト運営者を調査特定する新サービス◇

株式会社エーディーシー 2010年12月24日 18時00分
From ValuePress!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ネット上の誹謗中傷・情報漏洩から企業を守るネット被害対策サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インターネットは、だれもが手軽に情報発信できる利便性をもたらしましたが、同時に企業にとっては、いつどこで悪評や機密情報が流され、信頼を損なうかもしれないという大変なリスクをもたらしたといえます。事実に反して、悪意をもった人物が企業の誹謗中傷をネット上で行ったり、機密情報を流すことは可能です。その行為を抑止することは事実上不可能であり、それだけに、企業の内部情報がネット上に流された場合には、被害を最小限にとどめるための迅速かつ適切な対応が重要です。

「書き込みがサイトの削除規定にあたらない」「サイトの運営者がわからない」といった理由で、名誉や信用を傷つけられたにも関わらず、泣き寝入りするケースが多く見受けられます。インターネット上の書き込みは、技術的にはすべて発信者の特定が可能です。

誹謗中傷や内部情報が書き込まれるのは主に匿名掲示板サイトやブログですが、それらのサイトのURLに直接アクセスして記事を読む人は、実はそれほど多くありません。問題は、それらのサイトがYahooやGoogleといった検索エンジンの検索画面に表示されてしまうことです。企業名で検索したら、一番上に出るのはその企業のホームページ、しかしすぐその下に匿名掲示板サイトの誹謗中傷記事や情報漏洩記事が出現していることが少なくありません。放置しておくと、誹謗中傷記事や情報漏洩記事は、会社名で検索した検索画面上に半永久的に表示され続けるのです。

今や、情報収集する人の80%が検索エンジンを利用するという統計があります。企業に関心をもって社名で検索をする人が「偶然」誹謗中傷記事や情報漏洩記事を見てしまうことを防止することは、企業の評判管理の重要な対策になっています。

この度、上場企業を含む200社以上の企業へのネット風評被害対策サービス提供実績を持つ当社が、このような企業の信頼を脅かすネット上のリスクマネジメント対策として「ネット削除代行・発信者調査特定サービスを開始することになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『ネット削除代行・発信者調査特定サービス』の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【削除代行サービス】

当社では、中傷投稿や許可のない実名掲載、画像掲載を放置しているWebサイト管理者に対して削除代行サービスを提供しています。
削除依頼を行いたくてもサイト運営者の連絡先が不明なケースや、連絡先として記載されているメールアドレスにメールを送信しても何の返事も返ってこないことは珍しくありません。また、海外サーバーで運用されているサイトにおいて、連絡先が海外国のサーバー会社になっている場合は、外国語による削除要請など専門知識が必要になってきます。当社では、ネット専門の調査会社や外国語に精通したスタッフを用いてサイト運営者の連絡先を特定し削除を可能にします。

【書込みユーザー・サイト運営者への調査特定】
(IPアドレス調査/プロバイダ情報開示請求)

当社では、実名被害や悪質な誹謗中傷被害に遭った方に対して、加害者を調査特定するサービスを提供しています。
中傷書き込みを行ったユーザーと中傷書き込みを放置しているサイト運営者を特定し、削除要請を行うことが可能です。また、中傷書き込み者を特定できれば、弁護士を通じて名誉毀損で損害賠償請求を起こすことも可能です。

【従業員ネット素行調査】
(ネットへの企業情報漏洩及び誹謗中傷を行った社員の調査特定)

従業員が匿名掲示板やブログ、ツイッター、SNS等で会社批判したり情報漏洩をしていないか、調査して報告いたします。本人に悪気がなくとも、近年はコミュニティサイトやツイッター等を通じて同業者と交流したり、会社外で個人的な人脈作りを行う会社員が急増しています。このような場から業務上の機密情報、顧客情報、個人情報が流出するケースが後を絶ちません。社員ばかりでなく、不満を持って退職した元社員が匿名掲示板サイトで前職の悪口を書いていることもあります。ネット上に機密情報漏洩や誹謗中傷書込みの被害に遭われた企業様に、漏洩者(投稿者)を調査特定し、警告や損害賠償等の法的対応を行う際の証拠収集をサポートいたします。


上場企業を含む200社以上に対して当社が提供したネット風評被害対策サービスによるネガティブ情報の削除成功率は90%以上。

当社では、検索エンジンマーケティングの知識と経験を活かして、より多くのお客様のWEBマーケティング戦略に貢献できるよう努めてまいります。

《関連URL》
リンク
リンク

==================================================================
【株式会社エーディーシー 会社概要】

設立:2005年8月4日
資本金:10,000,000円
代表者:代表取締役 疋田忠明
事業内容:
・インターネット広告の代理業
・アフィリエイトシステムの開発及び販売
・検索エンジンマーケティング事業(SEO、リスティング広告運用等)
・WEBサイトの制作及び総合コンサルティング
・情報通信システムの導入に関するコンサルティング業務
・情報提供並びに情報処理サービス
連絡先:TEL:06-6101-1313 FAX:06-6101-1330
大阪市淀川区西中島6-1-1 新大阪プライムタワー4F
URL: リンク
==================================================================


【本件に関するお問い合わせ先】
担当:WEBマーケティング事業部 岩見、川原
TEL:06-6101-1313
E-Mail: marketing@adc-system.jp

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社エーディーシー 代表 疋田
TEL:06-6101-1313
E-Mail: info@adc-system.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。