logo

Verbatim(R)(バーベイタム)ブランドで長期保存DVD-R『ARLEDIA(アルレディア)』を発売 約2倍の長寿命※1

三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:大塚 重徳)は、Verbatim(バーベイタム)ブランドで、長期保存DVD-Rの「ARLEDIA(アルレディア)」を本日から発売します。当社では、今年9月から、全製品においてMITSUBISHIからVerbatimへの切り替えを開始しており、「ARLEDIA(アルレディア)」についても新ブランドで販売するものです。

三菱化学メディア株式会社(本社:東京都港区、社長:大塚重徳)は、Verbatim(バーベイタム)ブランドで、長期保存DVD-Rの「ARLEDIA(アルレディア)」を本日から発売します。当社では、今年9月から、全製品においてMITSUBISHIからVerbatimへの切り替えを開始しており、「ARLEDIA(アルレディア)」についても新ブランドで販売するものです。

ARLEDIA(アルレディア)はAu/Ag Reflective Layered mEDIAからの命名で、ディスクの反射膜に金(Au)と銀(Ag)を使った金銀反射膜※2を採用し、経年劣化に強い金と、ドライブに対する互換性が高い銀の、それぞれの長所を活かしました。そのため、従来品の銀反射膜DVD-Rに比べてディスクの耐久性が高く※1、長期保存性(長寿命)を向上させたアーカイバル用のディスクです。

また、記録層には、当社が開発した、光や熱に強く、繰り返し再生に強いAZO色素の「DYN-AZO(ダインアゾ)※3」を採用しました。金銀反射膜との相乗効果で、信頼性の高いディスクです。さらに、記録面にはハードコートを塗布し、キズや指紋などからディスクを守ります。

※1. 88/80%環境加速耐久性試験結果、銀反射膜DVD-R(従来品)の約2倍の寿命を実現
※2. 登録特許第4398512号
※3. 高耐久、高耐光、高感度、広パワーマージンを実現する色素記録膜。当社DVD-R/+Rに採用

バーベイタムは、製品の提供を通じて、「人と人、人とモノ、人とコト」との関係を、確かなもの、楽しいもの、豊かなものに変えていきます。


【Verbatim(バーべイタム)とは】
世界120カ国以上で販売され、記録型光ディスクでブランド別世界シェア5年連続No.1※の実績を誇る、三菱化学メディアのグローバルブランドです。バーベイタムは、1969年、米国カリフォルニアで誕生。1990年に、三菱化学メディアの親会社である三菱化学(当時は三菱化成)がバーベイタム社を買収しました。Verbatimは、ラテン語で「一語一句そのままの(に)」という意味を持ち、1969年の創業時から、データを正確に記録するという理念を示しています。
※2005-2009年 記録型CD/DVD/BDの総販売数量で ブランド別世界シェア5年連続No.1(SCCG/JRIAデータより算出)

<発売品目>
メーカー希望小売価格はオープン価格です。

詳細はこちら:リンク

【三菱化学メディアの長期保存DVD-R 『ARLEDIA』の特長】

【本件に関するお問い合わせ】

報道関係からのお問い合わせ先
◇三菱化学メディア株式会社 広報担当 山下
TEL:03-5484-3972
FAX:03-5484-8224
URL:リンク
Verbatim URL:リンク

◇三菱化学株式会社 広報室
TEL:03-6414-3730

一般の方からのお問い合わせ先
◇三菱化学メディア株式会社 カスタマーサービス室
フリーダイヤル 0120-34-4160
平日10:00~12:00 / 13:00~17:00
読者お問い合わせ先をご掲載される場合はご配慮下さい

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。