logo

パイオニア、ホームDJ向けモデル「CDJ-350」「DJM-350」にパールホワイトモデル追加

Kawasaki, Dec 21, 2010 - (JCN Newswire) - パイオニア(TSE:6773)は、ホームDJ向けモデル「CDJ-350」「DJM-350」(2010年6月発売)のカラーバリエーションとして、パールホワイトモデル「CDJ-350-W」「DJM-350-W」を発売いたします。


マルチプレーヤー「CDJ-350」とDJミキサー「DJM-350」は、さまざまな音楽ソースを使って本格的なDJパフォーマンスを手軽に楽しむことができるホームDJシステムとして好評を頂いております。


新製品では、本体カラーにつややかな光沢とクールな印象を持つパールホワイトを採用しています。また、「DJM-350-W」には、DJパフォーマンスにおいて人気の高いエフェクト「NOISE」「SHORT ECHO」を新たに搭載しました。使用する方の感性やインテリアにあったデザインを選べます。


CDJ-350-Wの主な特長
(1)さまざまなシーンに映えるデザイン
本体カラーには、さまざまなインテリアやシーンに映えるパールホワイトを採用しました。操作ボタン部には、パールホワイトボディを引き立てる赤色・青色のLEDイルミネーションを採用しています。


(2)多様なメディア、音楽フォーマットに対応
音楽CDの再生だけでなく、マスストレージクラスのUSBデバイス※1やCD-R/RWに記録されているMP3、AAC、WAV、AIFF等の音楽フォーマットにも対応しており、さまざまなメディア・フォーマットを使ったDJプレイを楽しむことができます。


(3)付属の音楽管理ソフト「rekordbox(TM)」で、DJライフを快適にサポート
曲のBPM※2やビート位置の解析、ジャンル分け、プレイリスト作成などをPCで行える音楽管理ソフト「rekordboxTM」を搭載しています。同ソフトで作成したプレイリストをUSBストレージデバイスに取り込んで本機に接続すれば、ジャンルやアルバム名、アーティスト名で選曲が可能となり、快適なDJプレイを楽しむことができます。また、再生した曲の履歴は「ヒストリー」としてUSBストレージデバイスに記録され、オリジナルのプレイリストとして「rekordbox(TM)」に保存することも可能です。


(4)ビートを見ながらスクラッチやLOOPパフォーマンス※3を楽しめる「BEAT表示」機能搭載
曲の拍位置(ビート)と再生位置を表示する「BEAT表示」機能を搭載しています。ビートの位置を目で確認することができるため、“音を見て触る”ような操作感覚で、スクラッチやLOOPパフォーマンスを楽しむことができます。


(5)その他の特長
- ボタンを押すだけで、多彩なLOOPパフォーマンスを楽しめる「AUTO BEAT LOOP」機能搭載。
- ボタンを押すだけで、あらかじめ設定したマスターBPMに再生中の音楽を合わせることのできる「AUTO BPM LOCK」機能搭載。
- 再生中や選曲中にボタンを押すだけで、気に入った曲をその場でプレイリストに登録できる「プレイリスト作成」機能搭載。
- MIDI/HIDコントロール対応。PCと接続し、DJソフトウェアのコントローラーやオーディオインターフェイスとして使用可能。
- ショックプルーフメモリー※4とフローティング構造の採用により、優れた耐振性を実現。
- 曲のテンポ最大可変範囲を±6%、±10%、±16%、WIDEの4段階※5に設定可能。
- ディスクを取り出して再度挿入すると、直前の状態に戻る「レジューム」機能搭載。
- 操作状況と入力信号を自動判別し、無使用や無入力時間が20分を超えると電源をスタンバイ状態に切り替える、環境に配慮した「オートスタンバイ」機能搭載。(切り替え時間は変更可能)


DJM-350-Wの主な特長
(1)さまざまなシーンに映えるデザイン
本体カラーには、さまざまなインテリアやシーンに映えるパールホワイトを採用しました。レベルメーター部には、パールホワイトボディを引き立てる赤色・青色・白色のLEDイルミネーションを採用しています。


(2)USBストレージデバイスへのダイレクト録音が可能
USB端子(Type A)をトップパネルに搭載しています。PCや録音機器を使わずに、プレイしたDJ MIXをUSBストレージデバイスに直接録音することができます。録音したDJ MIXはWAV形式で保存されるため、PCやデジタルオーディオプレーヤーに取り込んで聴くことができます。


(3)DJパフォーマンスで人気の高いエフェクト「NOISE」「SHORT ECHO」を新たに搭載
プロからホームDJまで人気の高い「FILTER」「JET」エフェクトに加え、プロDJも多用する「NOISE」と「SHORT ECHO」エフェクトを搭載しました。
- FILTER:高音域または低音域の音声を取り除くことによって音色を大きく変化させます。
- JET:ジェット機が周期的に上昇したり下降したりする時のような効果を演出します。
- NOISE:フィルターのカットオフ周波数(可聴帯域)を変化させることによって、風のような音を作ります。
- SHORT ECHO:ノブの回し方によって、残響音の残り方に変化を与えます。


(4)アイソレータータイプ※6の3バンドイコライザーを帯域別に装備
HI/MID/LOWの帯域別に、+9dB~-∞(カット)まで幅広いレベルコントロールができるアイソレータータイプの3バンドイコライザーを搭載。帯域ごとに独立したコントロールが可能なため、多彩なDJパフォーマンスを楽しむことができます。


(5)その他の特長
- チャンネルフェーダーノブとクロスフェーダーノブに、業界初※7のロック機構を施した「P-LOCK Fader Cap」を採用。激しいプレイでノブが外れることを防ぎます。
- クリアな音質でDJ MIXを楽しむことができる、さまざまな高音質設計。
- デジタルオーディオプレーヤーやマイクをつなげるMIC/AUX端子搭載。
- フェーダー操作に連動して当社のCDJプレーヤーがスタートする「フェーダー・スタート・プレイ※8」機能登載。
- 各チャンネルの入力レベルを表す「ピークレベルメーター」をすべてのチャンネルに搭載。
- クロスフェーダー※9のカーブを3種類のパターンに変更できる「クロスフェーダー・カーブ・アジャスト」機能搭載。
- 操作状況と入力信号を自動判別し、無使用や無入力時間が20分を超えると電源をスタンバイ状態に切り替える、環境に配慮した「オートスタンバイ」機能搭載。(切り替え時間は変更可能)


商品名:マルチプレーヤー
型番:CDJ-350-W
希望小売価格:オープン価格
発売時期:2011年1月中旬


商品名:DJミキサー
型番:DJM-350-W
希望小売価格:オープン価格
発売時期:2011年1月中旬


※1 本機で再生できるUSB接続のフラッシュメモリー及びHDDは、USBマスストレージデバイスに属する機器に限ります。但し、そのすべての機器において動作及び電源の供給を保証するものではありません。また、著作権保護されたファイルは再生できません。
※2 Beat Per Minute:曲のテンポを数値で表すもので、1分間あたりの拍数がBPM値となります。
※3 曲の開始ポイントと終了ポイントを設定することで、2点間をリピートするプレイ方法。
※4 再生する音よりも先の音を事前に記憶しておくことで、音飛びを防ぐ技術。
※5 音楽CDのみWIDEに対応。MP3、AAC、WAV、AIFFについては±6%、±10%、±16%の3段階に設定可能。 ※6 ツマミを回しきると完全に音が無くなるイコライザー。
※7 2010年11月パイオニア調べ。特許出願中。
※8 コントロールケーブルによる接続が必要。
※9 ひとつのフェーダーで複数の音を同時に音量調整することで、ミックスおよび曲の入れ替えを可能にします。


お客様がお好みのエフェクトをお選びいただけるよう、Webサイト上で、DJM-350とDJM-350-Wのファームウエアの相互入れ替えが可能です。ダウンロード手順など詳しくは当社Webダウンロードサイトでご確認ください。
リンク


<購入時に搭載されているエフェクト>
DJM-350:GATE・CRUSH・JET・FILTER
DJM-350-W:NOISE・SHORT ECHO・JET・FILTER


概要: パイオニア株式会社
詳細は リンク をご覧ください。


お問合せ先:
お客様:カスタマーサポートセンター
TEL 0120-944-222(フリーコール)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事