logo

インターネットサーバー機能を1台で運用できる「Powered BLUE 850」を発売 ― 動作OSとしてRedHat/CentOSに対応 ―

■Powered BLUE 850 の概要

Powered BLUE 850は、Sun Cobaltシリーズでオープンソースとなった管理
インターフェースBlueQuartzを採用しており、コンピュータの専門知識を持た
ないユーザーでもWeb/ Mail /DNS/ftp/サーバーを簡単に構築運用すること
の出来る19インチ1Uサイズのオールインワンのサーバーです。

サーバー設定や機能は従来のPowered BLUEシリーズを踏襲しており、LCD
やWeb管理画面からのサーバー設定をはじめ、セキュリティパッチ適用の
自動化など管理者の負担を大幅に軽減でき ます。
今回のモデルからRedHat/CentOSに対応しました。

・Web/Mail/DNS/ftpサーバー機能
・マルチドメイン・マルチホスト対応
(複数のドメイン/複数のサイトを構築)
・LCD附属19インチ1Uサーバー
(LCDからIPアドレス設定/シャットダウン/リブート)
・ハードウェア&ソフトウェアのモニタリング機能
(CPU温度/ファン回転数/ソフトウエア動作状況)
・SSL機能強化(鍵長2048bitキー対応)


■モデル

・ベーシックモデル B850-1025S
  メモリ1024MB/HDD 250GBx1/Etherx2/PCIx1/USBx2/シリアルx1/LCD

・ビジネスモデル B850-2025R
  メモリ2048MB/HDD 250GBx2/Etherx2/PCIx1/USBx2/シリアルx1/LCD

・プロモデル B850-4050R
  メモリ4096MB/HDD 500GBx2/Etherx2/PCIx1/USBx2/シリアルx1/LCD


■対応OS

・Red Hat Enterprise Linux 5.x (32bit)
・CentOS 5.x (32bit)



■発売予定日

2011年1月18 (火)


■価格

・オープンプライス

※Powered BLUE 850 の詳細は以下のURLでご覧いただけます。
  リンク


■報道関係者お問合わせ

 株式会社ムービット
 TEL 03-5390-3553 FAX 03-5390-3650
 E-mail info@mubit.co.jp
 リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事