logo

商社/卸売業様向け在庫適正化セミナー・レポート【2010年12月9日開催】

“商戦期”を乗り切る適正発注とは?

株式会社フェアウェイソリューションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 殷 烽彦、以下フェアウェイソリューションズ)は2010年12月9日に開催された商社/卸売業様向け在庫適正化セミナー・レポートを公開しました。

【商社/卸売業の企業様へ】

商社/卸売業界の企業様では、年の瀬も押し迫り、クリスマス商戦から始まる一年で最も忙しい時期を迎
えられている企業様も多いことと存じます。商戦期の“発注業務”は定番商品の発注と違い、大変難しいものです。スポット商戦用に短期間に売り切る商品、シーズン期に向けて徐々に売れて行き、ある時期からパッタリ売れなくなる商品、量販店の特売用商品…これらを、欠品による売り逃しを防ぎつつ、売れ残り=デッドストックを起こさないよう、需給をコントロールしなければなりません。大切な商戦期。“需要予測”だけに頼るのではなく、“予測と実需のブレ”に、いかに迅速に正しい反応が取れるか、が利益を大きく左右するのではないでしょうか。

今回は、「商戦期の発注」にテーマを絞り、変化に対応し易い発注判断方法や、俊敏な対策を打つための需給状況点検など、変化に強い発注業務プロセスの構築をご提案いたしました。

一筋縄では行かないテーマではありますが、ご来場される企業様が、より合理的で適切な発注業務プロセスへの変革を実現するために、お手伝いが出来ることを願っております。

【開催概要】
開催日時:2010年12月9日(木) 13:30~16:00 (受付開始13:00)
会  場:・・・・株式会社フェアウェイソリューションズ 本社セミナールーム
主  催:・・・・株式会社フェアウェイソリューションズ
会  費:・・・・無料

【Time Table】
13:00 受付開始

13:30-14:20 第一部 
「“商戦期”を乗り切る適正発注とは?」
予測と実需のブレを、如何に吸収するか?/過去実績を参照した需要予測の方法
需要変化に対応する厳密な発注必要量計算とは?/欠品・滞留を事前に予知する!
デッドストックを防止するには? など

14:30-15:00 第二部  操作体験
在庫適正化ソリューションφ-Conductor RP 商社/卸売業モデル

15:00- 質疑応答・個別相談
16:00 終了

【セミナー要約】

食品や化粧品、日用品の卸業界では、商戦期の発注コントロールは非常に難しく、欠品すればビジネスチャンスの逸失になり、売れ残れば、即デットストック化いたします。この状況を本セミナーでは以下のケースに分けて解説をし、それぞれのケースに分けて需要予測パターンをまとめました。

・短期決戦型商品
・イベント商戦型商品
・シーズン需要型商品

いずれの3パターンでもっとも重要なことは「需要がブレ、未来の予定在庫に影響が出たら、迅速に対策を打つ。」ことです。その為に必要なことは以下の3点であると考えています。

1)未来の予定在庫を適正に保つためには、
 ・発注入荷LT
 ・補充サイクル
 ・補充ロット
    など、複合的な条件を考慮した補充判断が必要。

2)但し、補正が可能である事が前提。

3)人間判断でズレを補正計算するのは業務負荷がかかるため、自動化が必要。


上記の実現方法として弊社が提唱する【需要予測連動型補充】をφ-Conductorのデモンストレーションを交えて、解説しました。詳細はセミナー資料をご参照ください。

※セミナー資料送付依頼は以下よりお申し付けください。
 リンク

当日ご参加できなかった方で本資料を希望される方には別途ご提供いたしますので、お問い合わせフォームよりお申し付けください。また、社内勉強会などデモンストレーションにお伺いすることもできます。併せてご検討ください。

【参加者の声】

以下では、セミナーのアンケートからお客様の声を抜粋いたしました。ご参考下さい。

『メインメニュー簡素化。自動化がよかったです』
『全体概要を聴けた事が良かった。』
『今後の業務改善の参考にしたい。今後も是非セミナー参加させて頂きたい。』

~貴重なご意見をありがとうございました~


            プロダクトマーケテイング部一同

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事