logo

無線充電と送電市場は2020年に118億ドル

米国の市場調査会社パイクリサーチ社は出版レポート「無線電力市場調査:無線充電と無線電力伝送のアプリケーション別の市場分析と予測 - Wireless Power:Wireless Charging and Transmission for Mobile Devices, Consumer Electronics, Electric Vehicles, Industrial Markets, and Military Applications」のプレスリリースにおいて、世界の無線電力市場は2012年に10億ドルの市場であるが、2020年には118億ドルにまで成長するだろう、との予測結果を発表しました。

無線充電と電力伝送の技術が進み、幅広いデバイスや機器でのプラグフリーや非接触による充電などの大きな市場が見込めるようになってきた。無線充電システムは、充電器とデバイス(送電側と受電側)を直接つなぐ簡潔なメカニズムであるので、多くの電力でも遠距離でも充電できる。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「無線電力市場調査:無線充電と無線電力伝送のアプリケーション別(モバイル機器/家電/電気自動車/産業用/軍事)の市場分析と予測 ー Wireless Power:Wireless Charging and Transmission for Mobile Devices, Consumer Electronics, Electric Vehicles, Industrial Markets, and Military Applications」は、世界の無線電力市場は2012年に10億ドルの市場であるが、2020年には118億ドルにまで成長するだろうと報告している。


「無線電力市場の用途は、携帯電話、電気自動車、無人偵察機などさまざまである。さらに今後は、無線伝送は、遠隔地への大量送電の機能を備えるだろう」とパイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。


Wheelock氏は、無線電力を具現化するのは、ゼネラルモーターズとゼネラルエレクトリックなどの大手メーカーや、WiTricity、Pure Energy Solutions、Powermatなどの新興企業であるとしている。しかし、現在、主導的な技術や企業はなく、相互運用性のための企業標準や規格もなく、大きなビジネスチャンスにみあう提携もなく、投資対象となる有望な分野もないとも語っている。


パイクリサーチ社は、幅広い調査と市場分析に基づいて、無線電力の最大の2つのアプリケーションは、家電と産業向けであると予測している。産業向けとは、センサーネットワーキングや、自動アセンブリや再処理施設、風力タービンなどのロボットアームなどの回転接合部に使用される機械向けの無線スリップリングなどであるだろう。その他の有望なセグメントは、やや小さいものの、電気自動車の充電、軍事用途、モバイルコンピューティング、通信機器などであるだろう。


この調査レポートは、無線充電と電送システムの世界市場を分析し、有望なアプリケーションの分析と効率的な無線充電と電送の技術的な課題、乗り越えるべき市場課題の概要、主要企業、2010-2020年のアプリケーション毎と地域毎の収益予測などを記載している。




【調査レポート】
無線電力市場調査:無線充電と無線電力伝送のアプリケーション別(モバイル機器/家電/電気自動車/産業用/軍事)の市場分析と予測
Wireless Power
Wireless Charging and Transmission for Mobile Devices, Consumer Electronics, Electric Vehicles, Industrial Markets, and Military Applications
リンク

◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。