logo

男性30代、「宅飲み」でノンアルコールビールを飲む割合が上昇。妊娠中・授乳中の女性も、2人に1人が飲んだ経験あり。

~全国の20~69歳2,500人に聞いた“宅飲み”に関する調査~

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、 代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国の20~69歳を対象に、「宅飲みに関する調査」を実施しました。
自宅や友人宅で飲酒をする「宅飲み」。「宅飲み」の実態に変化はあるのか?2009年冬に実施した同調査との結果を比較しています。
また、昨年より飲料メーカー各社の新商品投入が相次ぎ、競争が激化している「ノンアルコールビール」の飲用実態についても触れています。

【調査結果の概要】

・「宅飲み」「外飲み」ともに、実施割合は2009年冬から微増

・男性20~40代は、「宅飲み」でノンアルコールビールを飲む割合の上昇が目立つ

・妊娠中または授乳中の女性の2人に1人は、
 ノンアルコールビールを飲んだ経験あり、満足度が高い。

・ノンアルコールビールのリピーターを増やすカギは、“味”と“飲用シーン”?


┌─────────────────────────────────┐
“Cross Scope”(弊社自主調査)の一覧はこちら
リンク
└─────────────────────────────────┘


【調査結果の概要】
調査手法: インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象: 全国の20~69歳男女
調査期間: 2010年11月29日(月)~11月30日(火)
有効回答数: 2,500サンプル


【本件に関するお問合せ先】
株式会社クロス・マーケティング  担当 大島(おおしま)
TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。