logo

出光興産、ノルウェー領北部北海 探鉱鉱区で試掘に成功

Tokyo, Dec 8, 2010 - (JCN Newswire) - 出光興産(TSE:5019)の子会社である出光スノーレ石油開発株式会社*(本社:東京都港区)は、ノルウェー現地法人 出光ペトロリアムノルゲ(Idemitsu Petroleum Norge AS、以下IPN)を通じ、30%の権益を保有する探鉱鉱区PL420の「Titan(タイタン)」構造で試掘をした結果、油・ガスの集積を発見しました。
* 資本構成: 出光オイルアンドガス開発(株)50.5%、大阪ガスサミットリソーシズ(株)49.5%


試掘に成功したTitan構造は、すでに生産を行っているヨアガス田の西約15kmに位置し、水深約370m、海面下約3,400~3,700mの深度に広がっています。


今後、詳細に埋蔵量の評価・検討をする必要がありますが、現段階では原油換算で13~63百万バレルと推定されます(出光権益分で原油換算4~19百万バレル)。開発する場合には、ヨアガス田へ接続する予定です。ヨアガス田には生産プラットフォームが建設されており、2010年11月に生産を開始しています。


■鉱区の概要
鉱区名(構造名): PL420(Titan)
PL420ライセンス権益比率(●オペレーター)
- 出光ペトロリアムノルゲ (Idemitsu Petroleum Norge AS): 30%
- ●アールダブリューイー・ディーイーエー (RWE-Dea Norge AS): 30%
- スタットオイル (Statoil Petroleum AS): 40%
鉱区面積: 約93km2
(参考資料)鉱区位置図(PDF:172KB)
リンク


詳細は下記URLをご参照ください。
リンク


概要: 出光興産株式会社
詳細は リンク をご覧ください。


■お問い合わせ先
出光興産株式会社
IR・広報室 広報課(佐藤)
TEL 03-3213-3115

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事