logo

LTEとLTE-Advanced

インフラストラクチャ、ネットワークエレメント、端末、デバイス、加入者

LTEは、世界の多くのサービスプロバイダーに支持されることで4G技術の標準規格となり、展開にはずみがつくと同時に、新しい疑問が起こっている。4G技術は通信の次のステップであり、多くの設備、デバイス、ネットワークエレメントメーカー企業が、迅速な展開を期待している一方で、モバイルサービスプロバイダは自社の3Gネットワークをアップグレードして、収益をあげ続けるだろう。LTEの最初の登場は小規模で限定的にはじまり、ある一定の都市などでライブコマーシャルネットワークをテストすることなどに留まるだろう。今後3年間の展開は、より高速なデータ通信速度やレイテンシ(遅滞時間)の改善、問題の多い地域や遠隔地への提供などであるだろう。しばらくは、音声伝送には使用されないだろう。インドなどの国々では特にLTEのメリットは大きく、中国ではTD-SCDMAネットワークの補足となるTD-LTEが利用されるだろう。この調査レポートは、LTEとLTE-Advanced規格を概観し、最新の情報と、傾向、ネットワークアーキテクチャ、アーキテクチャを構成するエレメントに注目し、サービスを実現するための様々なアプローチと戦略も考察している。デバイスや機器の出荷数を地域毎に記載し、加入者数、サービス収益、ARPUも記載している。


【調査レポート】
LTEとLTE-Advanced:インフラストラクチャ、ネットワークエレメント、端末、デバイス、加入者
LTE and LTE-Advanced
Infrastructure, Network Elements, Handsets, Devices, Subscribers

リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事