logo

消費者向けフェムトゾーンサービス

プレゼンスとネット接続世帯のフェムトセルアプリケーション

世界中でオペレータネットワークにフェムトセルが拡大しているものの、フェムトセルはいまだ音声通信のカバレッジを広げるものとしての価値しか評価されていない。しかしフェムトセル経由の付加価値サービスの提供がまもなく開始し、この状況は変わるだろう。これは「フェムトゾーン」と呼ばれるサービスである。フェムトゾーンサービスは、位置情報やプレゼンス機能などの主要な機能を使って、モバイルデバイスでもアクセスポイントやコアゲートウエイでも、さらにはクラウドにおいても、トリガーとなる革新的なアプリケーションを提供することができる。この調査レポートは、家庭の安全対策、セキュリティアラート、ソーシャルメディアのアップデートなどの消費者向けのフェムトゾーンサービスと、コンテンツの同期、遠隔操作アプリケーション、家庭のエネルギー管理などのネットワーク接続している世帯向けのサービスを調査している。長期の展開が見込まれるフェムトセルの小売業とビジネス向けのアプリケーションの概観と、市場採用の課題、地域オペレータの関心、価格のメカニズム、標準化の活動、主要企業のプロフィール、消費者向けのフェムトゾーンサービスの市場規模も記載している。この調査レポートは、フェムトセルの普及が促進し、オペレータが新たな収益構造やモデルを構築できる可能性のある、揺籃期にあるフェムトゾーンサービスの市場の最初の調査レポートである。


【調査レポート】
消費者向けフェムトゾーンサービス:プレゼンスとネット接続世帯のフェムトセルアプリケーション
Consumer Femtozone Services
Presence and Connected Home Femtocell Applications
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事