logo

ザイリンクス、Spartan-6 FPGAおよびVirtex-6 FPGA搭載の最新DSP開発キットを出荷開始、DSPポートフォリオをさらに拡充

Tokyo, Dec 7, 2010 - (JCN Newswire) - ザイリンクス社(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:XLNX)は12月6日(米国時間)、新しい開発キット3種が利用可能になったと発表した。これらのキットにより、デジタル信号処理(DSP)においてFPGAをさらに容易に利用できるようになり、最高水準の信号処理性能の達成や、コストおよび消費電力の最適化、コプロセッシングによるシステムのボトルネックの軽減などを実現できるようになる。これらのキットは、ザイリンクス ターゲット デザイン プラットフォームとして提供されるが、このターゲット デザイン プラットフォームは、製品流通やデザイン サービス、ツール、ハードウェアといったそれぞれの分野で業界をリードするパートナー企業との協力によって実現している。ザイリンクスのDSPポートフォリオに新しい開発キットが加わったことによって、生産的なデザイン フローの実現に必要なハードウェアや各種ツール、リファレンス デザインが多種多様なDSPアプリケーションのすべての開発者に提供されることになる。


ザイリンクスのプラットフォーム ソリューション/サービス マーケティング部門のシニア ディレクタ、ティムエルジャベック(Tim Erjavec)は、「ザイリンクスは、DSPの要件やデザイン アプローチには幅広いマーケット ニーズがあるという認識に基づき、テキサス インスツルメンツ社(TI)、アヴネット エレクトロニクス マーケティング社、マスワークス社、4DSP社といった業界のリーダー企業の協力により、開発者の実際の仕事に整合したデザインメソドロジを実現する開発プラットフォームを提供します。これら開発キットによって、FPGAやプロセッサ、DSPのリソースの理想的なバランスを実現することが可能になります。これらのキットは、ビデオや医療イメージング、ワイヤレス、航空宇宙/防衛、その他数多くのマーケット セグメントにおいて幅広いDSPアプリケーションに利用できます」と述べている。


ザイリンクスのDSPターゲット デザイン プラットフォームは規模を変更することが容易で、新しい機能や規格、特徴、サポートを簡単に付加することが可能である。ザイリンクスやユーザー、パートナーはもちろん、その他サードパーティ企業でも、既存のプラットフォームに機能強化を加えることが容易で、エンド アプリケーションの製品価値を高めるだけでなく、開発や投資のスケジュールを短縮することも可能になる。DSPターゲット デザインプラットフォームは、ピーク性能や価格性能比、コプロセッサによるアクセラレーションなど、特定の重点項目があるケースも含め、幅広いパフォーマンス レベルのアプリケーション要件に対応する。


新しいDSP開発キットは、ADC/DAC機能搭載の高性能Virtex(R)-6 FPGA DSPキット、低コストSpartan(R)-6 FPGA DSPキット、Spartan-6 FPGAコプロセッシングDSPキットの3種である。いずれのキットも、AMBA(R)4 AXI(TM)4 インターコネクトを内蔵し、IPをサポートしている。


高速データ コンバータを内蔵したVirtex-6 FPGA DSP開発キット
Virtex-6 FPGA DSP開発キットは、ピーク時の信号処理性能を重視するアプリケーションをターゲットとしており、4DSPが開発した FMC(FPGA メザニン カード)上にTIのADC(アナログ デジタル コンバータ)とDAC(デジタル アナログ コンバータ)を搭載している。これにより、アナログ、デジタルのいずれのドメインにおいても性能のチューニングが可能になる。キットには、Virtex-6 FPGAからADC/DACのコンフィギュレーションとコントロールが実行できるターゲット リファレンス デザインが含まれており、量子化やアナログ フィルタリングおよびゲイン、SN比損失率の最適化も可能になる。また、AXI4をサポートしているためザイリンクスやサードパーティ社製IPコアのインテグレーションが容易で、性能に悪影響を与えることなくリソース利用の低減を行うために最適化された高性能 ポイント ツー ポイント インターコネクトを導入することが可能である。Virtex-6デバイスにADC/DACテクノロジを内蔵したことによって、開発期間を数週間から数カ月も短縮できるようになる。
このDSPプラットフォームは、航空宇宙/防衛をはじめ、医療機器、高性能 コンピューティング、次世代ワイヤレス コミュニケーションといった多様なマーケットで幅広いアプリケーションに利用できる。


Spartan-6 FPGA DSP開発キット
Spartan-6 FPGA DSP開発キットは、低いコストと消費電力で性能を最適化しながら、同時にDSPを既存システムに追加したいという設計者に最適なエントリ レベルのプラットフォームで、同梱のザイリンクスISE Design SuiteはAXI4もサポートしている。このキットに含まれているベースボードは、コスト効率に優れたDSP性能を実現するSpartan-6 LX150Tデバイスを搭載しており、高速システム コネクティビティが実現可能なトランシーバを内蔵している。多数のデザイン チュートリアルとともに提供されているデジタル アップ/デジタル ダウン変換のターゲット リファレンス デザインは、パッケージから出してそのまますぐに使え、RTLや(MATLABおよびSimulinkでのModel-Based Design)、ハイ レベルな「C」シンセシスといった使いなれた開発環境で修正、拡張を加えることが可能である。


Spartan-6 FPGAコプロセッシングDSPキット
本キットは、ザイリンクスとアヴネット エレクトロニクス マーケティングの協業によって開発されたコプロセッシング プラットフォームで、Spartan-6 FPGAを用いてシステムの加速を実現し、アプリケーションのボトルネックを軽減または解消することができる。また、1つの統合されたプラットフォーム上で高性能 FPGA やシステム コントロール プロセッシング、デジタル信号処理それぞれの強みを最大限引き出すことが可能になる。
Spartan-6 FPGAは、オフローディングあるいはコプロセッシングを必要とするような超高性能デジタル信号処理に理想的で、柔軟なペリフェラル拡張オプションも用意されている。開発キットに付属するAXI4コプロセッシング リファレンス デザインは、これらの性能強化の利用事例となっている。設計者は、キットで提供される使い慣れた開発環境を使って、迅速にデザインに取りかかることができる。


価格設定と供給体制
Virtex-6 FPGA DSPキットは、ML605開発ボードやXilinx ISE System Edition、AXI4 DSP IP、Virtex-6 FPGAターゲット リファレンス デザイン、4DSP製FMCドータカードに内蔵のTI ADC/DACが含まれ、本日より3,995米ドルで提供する。詳細は www.em.avnet.com/virtex6dsp2 を参照されたい。Spartan-6 FPGA DSPキットは、アヴネット エレクトロニクス マーケティングの LX150T開発ボード、Xilinx ISE System Edition、AXI4 DSP IP、Spartan-6 FPGA ターゲット リファレンス デザインが含まれ、本日より1,995米ドルで提供する。Spartan-6 FPGAコプロセッシング キットは本日より1,695米ドルで提供する。詳細は www.em.avnet.com/spartan6omap を参照されたい。


これらのDSP開発キットに付属するターゲット リファレンス デザインはいずれも、RTLとSimulink/System Generatorフォーマットで提供され、ユーザーは好みのフォーマットを選択することができ、使いやすさと生産性を高めることが可能になる。さらに、AutoESL ハイレベル シンセシス環境を用いたC/C++での設計を好むユーザー向けに、チュートリアルも用意されている。マスワークスとAutoESL社はともに、それぞれのウェブ サイトで開発ツールの評価版を提供している。ザイリンクスのDSPターゲット デザイン プラットフォームに関する詳細は リンク を参照されたい。


ザイリンクスについて
ザイリンクス(NASDAQ:XLNX)は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダである。詳しい情報はWebサイト リンク で公開している。
※ ザイリンクスの名称およびロゴ、Virtex、Spartan、ISE、そのほか本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびそのほか各国のザイリンクス社の登録商標または商標です。その他すべての登録商標は、それぞれの所有者に帰属します。


このプレスリリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社
マーケティング本部 竹腰
東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー4F
TEL: 03-6744-7740
FAX: 03-5436-0532


株式会社井之上パブリックリレーションズ
ザイリンクス広報担当 鈴木/関
東京都新宿区四谷4-34 新宿御苑前アネックスビル6F
TEL: 03-5269-2301
FAX: 03-5269-2305


下記のザイリンクス株式会社Web サイトもご参照ください。
トップページ: リンク
プレスリリース(日本語): リンク
このリリースの全文は以下のURLを参照のこと:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事