logo

「プライベートCA Gleas(グレアス)」、NTTドコモのFOMA(R)に対応

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下JS3)は、プライベート認証局製品である「プライベート CA Gleas(以下、Gleas)」が、株式会社NTTドコモのFOMA(R)*に対応したことを発表します。

今回の対応により、「Gleas」から発行されるクライアント証明書をドコモの携帯の証明書格納領域へ安全にインポートする機能を搭載しました。クライアント証明書を格納したドコモの携帯を使うことにより、ApacheやIIS(Internet InformationService)で構築された社内Webサイト、SaaSなどの会員WebサイトおよびB to Bの取引用WebサイトなどへのSSLクライアント認証による高度なセキュリティ強度を持つ端末認証としてご利用いただけます。

社内Webサイトは、特定のユーザに利用制限するための認証を必要とするのが一般的です。最近では、モバイルデバイスの多様化と利便性の向上に伴い、社外からインターネットを経由した社内Webサイトへのアクセスニーズが拡大し、高いセキュリティレベルを確保することが重要となっています。従来、Webサイトでの一般的な認証方法は、ID/パスワードによる方法でした。この方法は、記憶という一因子による認
証であり、Webサイトに於いては安易なパスワード設定を行うユーザが多いため、「なりすまし」のリスクが高くなります。そのような課題を解決するのが、クライアント証明書を利用したSSLクライアント認証となります。この方式により、Webサイトへのアクセスの制限とセキュアな暗号化通信を同時に実現します。

「Gleas」は、プライベート認証局の開発・販売から得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために開発された認証局アプライアンスです。ここ数年、「Gleas」は企業でのリモートアクセスを中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。その背景には、インターネット、クラウドなどの普及とともに、スマートフォンなどの新たなデバイスの登場により、企業における情報資産管理に関する大きな変化が発生しているものと思われます。「Gleas」は、このようなニーズに柔軟かつ迅速に対応できる製品を目指し、新たな機能の装備、他製品との積極的な連携を図っております。

JS3は、多様化するモバイルデバイスへの積極的な対応を図ることにより、企業におけるリモートアクセスなどの認証強化を実現するツールとして更なる魅力化を図って参ります。

*オリジナル証明書対応機種:2010年冬春モデルでは以下の11機種となります。
F-01C、F-02C、F-03C、F-04C、F-05C、SH-01C、SH-02C、SH-04C、SH-05C、SH-06C、SH-08C

それ以外の対応機種につきましては、以下の「対応機種」の項でご確認いただけます。
リンク

【株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて】
株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発の「プライベートCA Gleas」を中心に、USB トークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。
「Gleas」では、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から10万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においても、ご利用可能となります。

【本件に関する問い合わせ先】
〔株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ〕
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル7F
E-Mail:sales@jcch-sss.com TEL:03-5615-1020 FAX:03-5604-1563

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。