logo

TIS、マジックソフトウェアのシステム連携ソリューション 「Magic jBOLT」の取扱いを開始

TIS、マジックソフトウェアのシステム連携ソリューション
「Magic jBOLT(R)」の取扱いを開始
~「Attack Board Core」を組み合わせて業務効率化ソリューションを共同展開~

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都渋谷区、以下 マジックソフトウェア)が開発・販売するシステム連携ツール「Magic jBOLT」を(マジック ジェイボルト)を、ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤宮 宏章、以下TIS)が取扱を開始したことを発表します。
 今後TISとマジックソフトウェアは、「Magic jBOLT」と、Excel活用ソリューション「Attack Board Core」を組み合わせ、企業内に多数点在するExcelファイルを活用する、業務効率化ソリューションとして、両社で共同展開してまいります。
TISからの本発表内容は、以下のURLをご参照ください。
リンク

 「Attack Board Core」(開発元:株式会社アグリーメント、販売元:TIS)は、Excelファイル内のデータをデータベースに投入する機能を特徴としたアプリケーションです。複数のExcelファイルからデータを集計する、入力フォームとして利用しているExcelファイルからデータを集約することなどを効率的に行えます。
※Attack Board Coreについては、以下のURLをご参照ください。
リンク

 Magic jBOLTは、SAP等のERPから各種DB、グループウェア、など60種/400種類以上の多彩なアダプター/コネクターを備えたシステム連携ツールです。企業内外の様々なシステムやサービスとのデータ連携を、ノンコーディングで短期間に実現できます。
※Magic jBOLTの製品詳細は、以下のURLをご参照ください。
リンク

 Attack Board CoreとMagic jBOLT組み合わせることにより、企業の各現場部門に散らばる最前線のExcelファイル上のデータと、企業のシステム上のデータを自由に結びつけることが可能となります。また予算編成のように、「Attack Board Core」で収集、集計したデータを「Magic jBOLT」を介して基幹システムへ更新することも実現できます。

 今後TISとマジックソフトウェアは、共同で「Attack Board Core」および「Magic jBOLT」に関するセミナーなどのプロモーション活動、提案・販売活動を行うことにより、両製品の拡販に努めていきます。


【マジックソフトウェア・ジャパンについて】
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic uniPaaS」と、サービス指向のシステム連携ツール「Magic jBOLT」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。

現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に 関する詳細は、リンク でご覧いただけます。

本社所在地: 東京都渋谷区代々木三丁目25番3号
代表: 代表取締役社長 佐藤 敏雄
事業内容 :
・開発ツール分野:Magic uniPaaS、および関連製品の仕入/製造、販売業務
・統合ツール分野:Magic jBOLTの仕入/製造、販売業務
・プロフェッショナルサービス:ツール製品の教育、サポート業務 他

Magic jBOLTはマジックソフトウェア・ジャパン株式会社の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事