logo

OKI、「ATM - Life Cycle Managementサービス」提供開始

Tokyo, Nov 30, 2010 - (JCN Newswire) - OKI(TSE:6703)はこのたび、金融機関におけるATM(現金自動預け払い機)システムのライフサイクルをトータルにサポートする「ATM-Life Cycle Managementサービス」(ATM-ライフサイクルマネジメントサービス、以下:「ATM-LCMサービス」)の販売を本格化します。「ATM-LCMサービス」は、業界に先駆け、OKIグループの総合力を結集し、ATMシステムのライフサイクル全般にわたる各種業務サービスをパッケージ化し提供するものです。


なお、本サービスはみなと銀行(取締役頭取:尾野俊二、本店:兵庫県神戸市)に「機器調達~運用プロセス」パッケージをご利用頂き、約550台のATMで運用を開始しています。


昨今の金融機関を取り巻く環境は、長引く景気低迷により大変厳しい状況が続いています。OKIは、金融機関における戦略的顧客チャネルであるATMシステムについて、そのライフサイクルをトータルにサポートすることにより、金融機関の次の3つのニーズにお応えします。


(1)ATMシステムの導入・運用費用の平準化による経営指標への貢献
(2)ノンコア業務の外部委託による行員業務負荷軽減と、本業集中による一層の戦略実行スピードアップ
(3)CS(顧客満足度)・ES(従業員満足度)向上、業務プロセス明確化によるコンプライアンス強化


国内におけるATM納入実績でトップレベルを誇るOKIは、グループとして関係会社とも密接に連携し、ATMシステムの設計・構築ならびに運用業務での豊富な経験とノウハウの蓄積を活かした様々なサービスを、金融機関に対し提供してきました。運用業務においては、グループ会社の日本ビジネスオペレーションズ株式会社(社長:梶原 増雄、本社:東京都江東区)が、約40行の金融機関へ監視業務を中心とした業務代行サービスをマルチベンダ対応にて提供しており、4万台以上のATMに関する運用業務を代行しています。また、保守業務においては、全国約250箇所の保守拠点を有する株式会社沖電気カスタマアドテック(社長:入谷 百拡、本社:東京都江東区)が、ATMシステムの定期保守・緊急保守対応に加え、豊富なノウハウを活かした様々な保守サービスを提供しています。


「ATM-LCMサービス」は、これらの実績をもとにOKIグループの総合力を結集し、ATMシステムにおけるコンサル・企画・設計、調達・構築、設置・運用・保守、移設・撤去といった、ライフサイクル全般にわたるプロセスの各種業務サービスをパッケージ化し、トータルにサポートするサービスを提供するものです。また、電子ジャーナルの集中管理、監視映像データの集中管理、ATM操作画面とは別のセカンドディスプレイ設置によりお客様に対する各種サービスの情報配信を行うといったコンプライアンス強化やCS向上に向けた付加価値サービスも提供します。


なお「ATM-LCMサービス」は、お客様のニーズに合わせてパッケージを選択し組み合わせて頂くことが可能です。パッケージ化されたサービスにより、個々のアウトソーシングサービスを利用する場合に比べ、監視と予防保守をシームレスに連携させることによるATM停止時間の低減、ATM運用業務のワンストップオペレーション代行による本業集中、リモート現金精査等による行員負荷軽減といった効果が期待されます。さらに、ATM機器本体と保守・監視などの各種サービスを月額払いにて提供し、金融機関IT投資の経費化・平準化を実現します。


【販売計画】
価格:個別見積
販売目標:今後5年間で3,000台以上のATMを対象に販売


【サービス概要】
■企画支援プロセス:
店舗外ATM出店企画時の調査・採算性評価等の業務支援を実施し、店舗・ブースのデザインや施工を行います。また、新サービス、新技術導入における各種コンサルを実施します。


■調達・構築プロセス:
ATM本体ならびにそれに関わる各種サービスを月額払いにて提供し、初期費用の低減及び経費化・平準化を実施します。また、店舗外ATMネットワークの設計・構築や出店に拘わる調整及び工事管理等も行い、ATMシステム全般にわたる調達・構築を実施します。


■運用プロセス:
多くの実績により蓄積されたノウハウを活用したATM運用監視業務、オートホンによるお客様対応業務をはじめ、
- リモート状態監視による障害時の迅速な復旧と予防保守を実施しATM稼働率の向上を図る
- ATM現金装填計画立案による運用資金の圧縮を図る
等の運用・保守サービスを実施します。また、警備会社との連携により1次保守・現金警送・機械警備の業務も含み、運用業務全般をワンストップにて実施します。


■移設・撤去更改プロセス:
機器の老朽化にともなう更改について、機器の廃棄(機器内のデータ消去含む)や更改(機器リプレース)を月額フィーにて提供し、初期費用の低減を実施します。


【「ATM-LCMサービス」の主な導入効果】
■ATM導入・運用コストの平準化(経営指標への貢献)
金融機関毎のソーシング戦略に沿ったサービスの導入によりコスト効率化と、導入時の初期費用低減により平準化を実施し、中長期的なコスト戦略立案が可能。


■業務負荷の低減と行内リソースの本業集中(経営戦略への貢献)
ノンコア業務の委託により行員業務負荷軽減と本業集中により、経営戦略のスピードアップ。ノンコア業務を、専門知識を有するOKIグループにてシームレスに代行する事により、より効率的に業務実施が可能。


■ATM運用における専門知識の活用(CS・ES向上への貢献)
これまでのATM監視業務運用で蓄積されたノウハウの活用により、きめ細かなお客様対応を実施。また、ATM格納現金のリモート精査により、行員負荷軽減が可能。


概要: 沖電気工業株式会社
OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話 03-5403-1247
e-mail:press@oki.com


本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューション&サービス事業本部 ITサービス事業部
電話 03-3454-2111(代表)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事