logo

心臓専門医が日本、アメリカ、ヨーロッパにおける生体吸収性ステントの採用に関する大きな違いについて述べる

Vancouver, Nov 29, 2010 - (JCN Newswire) - 医療機器および薬品市場研究の一流の世界的権威である iData リサーチ ( www.idataresearch.net ) によるステント、ステントグラフとおよび不安定プラークの包括的な世界調査によると、韓国、中国、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中東およびアフリカの心臓専門医の多くは、冠動脈形成術の治療に生体吸収性ステントを使用しており、反対に、日本とラテンアメリカの心臓専門医の多くは、生体吸収性ステントを使用していないことが分かりました。


iData リサーチが最近公開したグローバルレポートによると、心臓インターベンション市場では、生体吸収性ステントは2013年までにヨーロッパ市場に入り、その後アメリカと日本市場に入る予定です。市場は Abbott Laboratories (NYSE: ABT )、Biosensors International および REVA Medical などの会社がリーダーとして現れ、急成長することが予想されます。


iData のアンケートは、生体吸収、分岐型、薬剤溶出(性)ステント、ステントグラフとおよび不安定プラーク治療に関して、数百の世界の心臓専門医からの意見、好みそして使用パターンの詳細を記述します。


「調査によると、使用傾向は地域によって劇的な違いがあります」と iData の CEO であるカムラン・ザマニアン医師は述べます。「アメリカとヨーロッパの心臓専門医は分岐型や生体吸収性ステントなどの新しい技術を進んで使用しますが、日本とラテンアメリカの心臓専門医は長期に渡る臨床データのなさ、早期におけるリコイルそして技術的な問題などを挙げ、新しい技術の使用に躊躇します。


iData の日本市場に関するレポートによると、特に不安定プラークのスクリーニングに使用される、光干渉断層撮影 (OCT) カテーテルの伸びが、日本の心臓インターベンション市場全体(2010年には10億ドル以上とされている)の伸びに拍車をかけています。iData の調査では、日本の心臓専門医は不安定プラークのスクリーニングに OCT を好むことが分かりました。


iData の世界心臓専門家調査シリーズには次が含まれます:「ステント、ステントグラフトおよび不安定プラーク治療」および「深部静脈血栓症治療およびスクリーニング」。この調査は「心臓インターベンション機器の市場」に関する iData 最新のグローバル 3 レポートシリーズに付属されています。


詳細については、以下iDataのウェブサイトにて無料登録してください。
リンク


概要: iData リサーチ
iData リサーチ( www.idataresearch.net/idata/discoveridata.php ) は国際的なマーケットリサーチとコンサルタントグループで、医療機器と薬品会社用のマーケット情報の提供を中心としています。iData は心臓インターベンション、末梢血管、血管アクセス、心臓手術などを扱っています。


お問合せ先:
Drew Gutschmidt
iData Research Inc.
marketing@idataresearch.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。