logo

40代男性も、まだまだモテたい!「薄毛・抜け毛」や「口臭」などの悩みに対策も。

-「中・高年男性の美容」に関する意識・実態調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、首都圏(1都3県)在住の40~65歳の男性を対象に、中・高年男性が、美容・化粧に対してどのような意識を持ち、行動をとっているのかを明らかにすることを目的とした調査を実施しました。

報道関係各位

平成22年11月24日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         40代男性も、まだまだモテたい!
     「薄毛・抜け毛」や「口臭」などの悩みに対策も
    -「中・高年男性の美容」に関する意識・実態調査-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長:五十嵐 幹)では、首都圏(1都3県)在住の40~65歳の男性を対象に、中・高年男性が、美容・化粧に対してどのような意識を持ち、行動をとっているのかを明らかにすることを目的とした調査を実施しました。


【調査背景・目的】

近年、若年層男性をターゲットとした美容商品・化粧品なども増加し、若年層男性の美容に対する実態・意識に焦点があてられています。一方で中・高年男性は美容に対してどのような意識を持ち、行動をとっているのでしょうか。今回は中・高年男性の化粧品の使用・購入実態、ヘア・肌に対する意識と行動や、みだしなみ・匂いなどに対する美容意識についてスポットをあて、その実態を明らかにしました。


【調査結果トピックス】
●ヘアケアに対して1番気になっているのは、「薄毛・抜け毛」(38.3%)。
 特に40代男性の割合が高く、悩みに対して対策をしている傾向。

●みだしなみに対しては、どの年代も共通して「髪型・ヘアケア」、「スタイル・体型」を気にしている人が4割前後いるが、対策をしている人は半数ほどにとどまる。

●においについては、「口臭」(48.1%)と「体臭」(47.1%)をが多い。年代別に見ると、40代の若年層ほど気にしている傾向。

●男性40代・50代で子供ありの層は「以前は喫煙していたが、やめた」人が多く、禁煙に挑戦する人の割合も高い。


┌─────────────────────────────────┐
“Cross Scope”(弊社自主調査)の一覧はこちら
リンク
└─────────────────────────────────┘


【調査結果の概要】
調査手法  :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象  :40~65歳の男性            
調査地域  :首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
調査期間  :2010年8月26日(木)~2010年8月27日(金)
有効回答数 :900サンプル



【本件に関するお問合せ先】
株式会社クロス・マーケティング  担当:大島
   TEL:03-3549-0603  FAX:03-3549-0232  E-mail:pr-cm@cross-m.co.jp


【引用・転載時のクレジット表記のお願い】
本リリースの引用・転載時には、必ず当社のクレジットを明記いただきますようお願い申し上げます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。