logo

強力なストレージ仮想化機能と半導体ストレージ「Super SSD」により、オンデマンドでの性能強化と柔軟な容量拡張を実現した「Prime STOR ZFS ENTERPRISE」を10月1日より発売開始

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は近年急速に進むサーバ仮想化とストレージ効率化のニーズに対応する革新のストレージシステムPrime STOR ZFS ENTERPRISEを2010年10月1日より発売開始することを本日発表いたしました。本ストレージシステムは、ZFSベースの強力なストレージ仮想化機能と自社独自開発の半導体ストレージ「Super SSD」によるオンデマンドでの性能強化と柔軟な容量拡張に対応し、仮想統合環境や各種のエンタープライズアプリケーションの将来的なストレージニーズに的確に応えます。コアマイクロシステムズはPrime STOR ZFS ENTERPRISEにより初年度2億円の売り上げ増を見込んでいます。

■ 新製品名:Prime STOR ZFS ENTERPRISE

■ 特長
・SAN(FC、iSCSI)、NAS(CIFS、NFS)フルユニファイドストレージ
・シンプロビジョニング/ダイナミックストレージプール仮想ストレージ
・完全に自動化されたTiered Storage アーキテクチャ
・圧縮に加えてインラインブロックレベル重複排除機能
・オンラインでの無制限の容量拡張に対応
・サイレントデータコラプションの検出と自動データ修復
・HDD3台の同時障害にも耐えうるRAID7に対応
・無制限スナップショット/クローニングによる自律CDP
・VMware/Xen/Hyper-Ⅴ へのビジュアルプロビジョニング
・完全に冗長化されたクロスミラーHAクラスタ構造
・高速/高効率ブロックレベルのリモートレプリケーション

■ 仕様
・ホストプロトコル FCP、iSCSI、CIFS、NFS、FTP、WebDAV
・ホストインターフェース 8G FC、10GbE、GbE
・L1キャッシュ/ノード 24GB~(最大512GB)
・L2キャッシュ/ノード 400GB~(最大28TB)
・書き込み同期キャッシュ 50GB~(最大1TB)
・ストレージプール容量(物理) 96TB~(容量無制限)
・ハイブリッドRAID 10、50、60、70、11、51、61
・最大IOPS(アクティブ、アクティブ時) 100万回以上/4KBブロック
・最大スループット(アクティブ、アクティブ時) 5GB/S以上/128KBブロック
・サイズ 16U~

■ 価格
・96TBモデル~  オープンプライス
  ※価格は、保守レベル、構成で異なります。

■ 保守形態
・スタンダード 平日/9時~17時 対応
・ミッションクリティカル 365日/24時間 対応
・データセンタ向け FLEX保守

用語解説

■ Prime STOR ZFSについて
(リンク)
Prime STOR ZFS は、ZFSベース商用ソリューション ソフトウェアとして初めてインライン 重複排除技術を活用したNexentaStor 3.0を搭載したストレージ装置です。また、Prime STOR ZFS は、仮想化サーバ環境やデザインエンジニアリング環境において、I/O パフォーマンスボトルネックによるアプリケーションパフォーマンスの低下を劇的に改善する階層型キャッシュ構造を実現しています。1GB/s を超える高速なNFS サービス(Ver.3.4)を始め、CIFS サービス及びiSCSI ブロックサービスを同時に提供することができます。8KB クラスのスモールI/O サイズから8MB を超えるラージI/O サイズのアクセスに至るまで高度に最適化されたキャッシュ処理により最高のトランザクション性能と最大のストリームスループットを実現します。

■関連情報へ

Prime STOR ZFSに搭載されているNexetaStorについては以下をご覧ください。
リンク

Prime STOR ZFS ENTERPRISEに搭載されているSuper SSDについては以下をご覧ください。
リンク

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事