logo

XML高速検索・集計パッケージ「ShunReservoir」 販売開始のご案内

検索ツールの概念を変革し、部門間の「情報の見える化」を短期間・低コストで実現します。

■ 既存システムを改修することなく“情報の見える化”を実現
 
安全性情報の管理体制を整えるためには、部門間の“情報の見える化”を促進することが不可欠ですが、実現には高額なコストがかかります。「ShunReservoir」(シュンリザーバ)は、短期間、低コストかつ現状のシステムを改修することなく、容易に"情報の見える化"ソリューションを提供するツールです。また、必要なところから段階的に"情報の見える化"を実現可能です。この導入のしやすさも
特長の一つです。
 
■ 従来と異なる構築手法により“短期間での構築”を実現
 
従来は、 “情報の見える化”をRDB(Relational Database)で実現しようとすると、インターフェイスの調整、データ構造の再設計等、複雑な手間とコストを要しました。「ShunReservoir」は、業務データや文書データをXMLファイル化して活用するため、データベースの正規化が不要です。Excelシートでユーザー定義や初期マスターを準備するだけで、短期間での構築・運用が行えます。

「ShunReservoir」の特長
 
■ 圧倒的な検索処理スピード(平均7秒以内)で業務効率化
 
独立行政法人医薬品医療機器総合機構の増員に伴い、当局からの問い合わせが増えていく傾向にあり、迅速に対応できる業務体制が求められています。「ShunReservoir」は、安定した高速検索とユーザー部門が検索条件のテンプレート化、データクリーニング業務を推進することにより、業務の効率化・標準化を促進します。
 
■ SQL不要、検索業務の標準化
 
従来、非定型な検索業務は、SQL(Structured Query Language:リレーショナルデータベース操作言語)等の専門知識を必要とするために個人のスキルに依存していました。「ShunReservoir」では、SQLを作成せず、検索条件を設定できます。また、テンプレートを用意して利用することで、個人のスキルに依存しない検索が可能となり、最終的に情報の共有化と一定の品質を確保することができます。
 
■ 検索結果から集計、報告機能
 
日々の業務の中で多くの時間を要するのが資料の作成です。「ShunReservoir」のオプション機能により、高速検索で得た結果を活用して集計表やグラフをExcelで出力することが可能です。今までは、Excelマクロやカスタマイズ帳票等を作成して対応してきた業務が、プログラム作成等を行わず、定義ファイルを設定するだけで、容易にExcelに出力できるようになります。
 
■ クロスサーチ機能
 
クロスサーチ機能は複数の情報(副作用情報、添付文書、研究開発系情報等)を横断的に検索が可能です。検索対象に社内外の公開WEBサイトを指定して検索することもできます。また、お客様の保有している辞書コンテンツを事前に登録することで同義語検索が行えます。
 
-----------------
お問い合わせ先:
 
株式会社 シーエーシー
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町24-1
TEL 03-6667-8032(医薬BTO営業部) 
E-Mail: prasma@cac.co.jp
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

「ShunReservoir」の活用イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事