logo

iPhoneでFlashコンテンツを! WindowsPCを操作できるiPhone向けSplashtop Remote Desktopを提供開始

Splashtop Inc. 2010年11月19日 11時30分
From DreamNews

Splashtop Inc.は、11月18日(現地時間)、iPhoneやiPod touchからWindowsパソコンにアクセスし、操作できるiPhone向けSplashtop Remote Desktopを提供開始しました。iPhoneとWindowsパソコンの垣根をなくし、パソコン上で動いている動画やゲームをiPhoneで観たり、マイクロソフトのオフィスの操作もできます。
Splashtop Inc.(米国カリフォルニア州サンノゼ、CEO:Mark Lee、以下Splashtop社)は、11月18日(現地時間)、iPhoneやiPod touchからWindowsパソコンにアクセスし、操作できるiPhone向けSplashtop Remote Desktopを提供開始しました。これはiPad版のビジネスカテゴリーでNo.1を獲得したアプリケーションのiPhone版です。
これにより映画や音楽の視聴、Flashなどの全てのWindowsファイルへのアクセスがiPhoneやiPod touchから可能になります。同一WiFiネットワーク上で利用可能で、自宅やオフィス内のどこにいてもWindowsパソコンに簡単にアクセスできます。

Splashtop社のCEOであるMark Leeは、「我々は自分のパソコンをポケットに入れる技術を発明しました。iPhoneとWindowsパソコンの垣根をなくし、パソコン上で動いている動画やゲームをiPhoneで観たり、マイクロソフトのオフィスの操作もできます。Splashtop Remoteは、iPhoneをもっと便利にします。」と述べています。

Splashtop Remote Desktopにより、iPhone、iPod touchで下記が可能になります。
●Windows PCの閲覧と操作
●Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint、Microsoft Outlook)を含む、全てのWindows上のファイルやプログラムへのアクセス
●動画(Flashを含む)や音楽の視聴(ストリーミングでも、保存されたデータの再生でも可能)
●ひとつのiPhoneやiPod touchから、複数台のパソコンにアクセスできます
●Windows上の全てのアプリケーションをタッチ、ピンチ、ズームなど直感的に操作可能
※なお、日本語入力については、今後のバージョンアップで対応してまいります。

iPhone向けSplashtop Remote Desktopは、本日からApple社のApp Storeで購入できます。iOS3.2以降、iPhone 4、3GS、第3世代のiPod touch以降で利用できます。
また、Splashtop Remote Desktopが接続可能なOSはWindows7、Windows Vista、Windows XPです。 Splashtop RemoteはiOSとWindows PCの双方で動作する2つのアプリケーションで構成されています。
詳細はSplashtop Remoteのサイトをご覧ください。リンク

【Splashtop Inc.】  URL: リンク
Splashtop Inc.(旧DeviceVM, Inc.)は、人々がどこにいても重要な情報をすぐに入手できるコンピューティング体験の実現をゴールに、2006年に創設されました。2007年に製品化したSplashtop OSは、パソコンにスイッチを入れて数秒で、電子メールやインターネットなどが利用できるインスタントオン・プラットフォーム(瞬間パソコン起動)です。Splashtop Remoteは、iPadや他のモバイル端末から離れている自分のWindowsPCを操作することができる製品です。

現在、Splashtop製品は、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovo、LG、Sonyのパソコンに搭載され、出荷台数は既に4000万台を突破しています。また、2007年10月の発売開始以来、メディア各誌から多数の賞を受けています。
本社はシリコンバレーに、北京、台北、上海、杭州にそれぞれオフィスがあります。

-報道関係お問い合わせ先-
Splashtop社 広報担当 株式会社メディア・ソリューション 佐藤  tel: 03-5549-9266
-製品に関する問い合わせ先-
リンク




Splashtop Remote Desktopをご利用の皆さまへ
l ご利用の際、iPhone(iPod touch)、iPadとパソコンの双方にソフトをダウンロードします。
l このアプリケーションは、同一のWiFi(無線LAN)ネットワーク内(家庭内、社内)でのみ、利用できます。iPhone、iPadの3G回線では接続できませんので、ご注意ください。
l また、WiFiネットワーク内において、iPhone、iPadの「設定」から、WiFi機能をONにしてご利用ください。
l iOS3.2以降がインストールされているiPhone 4、3GS、第2世代のiPod touch以降で利用できます。また、パソコンのOSはWindows7、Windows Vista、Windows XPです。
l RAMは、1 GB以上、CPUは1.6 GHz以上のdual-coreを推奨しています。
※なお、日本語入力については、今後のバージョンアップで対応してまいります。

【インストール方法】
iPhone(iPod touch)、iPad
1. iPhone(iPod touch)、iPadから Apple App storeへアクセスします。
2. App store内で「Splashtop Remote Desktop」のアプリケーションを購入、インストールします。
パソコン
1. 接続したいパソコンから、www.SplashtopRemote.com へアクセスし、“Download for your Computer” という緑色のアイコンをクリック、Splashtop Remote Desktopのソフトをインストールします。インストールを進める過程での質問には「Yes」と答え続けます。
1. インストール後、パソコンを再起動します。
2. パソコン上に、Splashtop Remote Desktopのアイコンが表示されます。
3. "Start Splashtop Remote when this computer starts up, and allow remote clients to connect" という表示が出ている文章にチェックしてください。
4. これでインストールは完了です。
5. 接続を開始します。「Status」「Setting」「Security」「Network」「About」の5つのタブのついたセットアップダイアログボックスが表示されます。
「Security」を選び、セキュリティパスワードを自分で設定し、入力します。英数文字8~20文字以内のお好きなパスワードを入力します。必ず「Confirm」の欄にも同じパスワードを入れてください。

1. 「Status」の画面に、IPアドレスが表示されます。
2. セットアップダイアログボックスを閉じるとき、初回のメッセージとして、Splashtop Remote Desktopのアプリケーションが稼働していることをお知らせします。
3. Splashtop Remote DesktopショートカットがWindowsスタートメニューに追加されます。

【Splashtop Remote Desktop接続方法】
iPhone(iPod touch)、iPad
1. Splashtop Remote Desktopを起動します。
2. 右上の「+」をタップします。
3. 「Add a computer」という画面に切り替わりますので、この画面で、「Name of the computer」に自分で識別できるお好きなパソコンの名前を、「IP address」にパソコンに表示されていたIP address、「Password」にパソコンで設定したパスワードを入力します。
4. 左上の「Done」をタップします。
5. 最初の画面に戻り、表示されているパソコンのアイコンをタップすれば、接続完了です。
6.
パソコン
1. 「The server is online with the following IP address(es);」と緑の文字で表示されていることを確認します。右上の「_」もしくは「×」をクリックし、デスクトップ上から消しても接続は継続されます。
1. 接続を中断する際は、「Turn off」をクリックします。
2. 「The server is not running!」と赤文字で表記されている場合は、接続されていません。接続を開始するには、「Start」を押し1の状態になることを確認します。

なお、製品に関するお問い合わせはこちらにお願いします。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。