logo

TeamViewer6ベータ版の提供を11月より開始~市場需要を反映し、新機能をオールインワンソリューションに組み込み提供~

TeamViewer GmbH 2010年11月18日 12時10分
From PR TIMES

リモートコントロール・ソリューションを提供するTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、Windows 向けTeamViewer6 のベータ版を11月18日より提供開始致します。TeamViewer6 ベータ版には、強化されたデザインやパフォーマンスのみならず、新たなリモート接続機能が含まれています。

1億人以上からのインストール数とフォーチュン500社のリファレンスにより、TeamViewerは世界中のユーザーに選ばれています。それらの顧客をベースに、TeamViewerは利用者からのフィードバックと市場需要に基づきバージョン6を開発しました。この新バージョンは、最新のリモートコントロールを可能にするオンラインプレゼンテーションソフトウェアを統合しています。

TeamViewer 6により、顧客向けモジュールである QuickSupportは見違えるほどに進化をしています。企業は、QuickSupportにより、コーポレートメッセージをも含め、ロゴや色と同様にインターフェースをカスタマイズすることができます。TeamViewer Quick Support は、リンク より、簡単に使用することが出来ます。

カスタマイズ可能なTeamViewer 6 QuickSupportは現在、パートナーリストの統合も提供しています。インストール不要の小さな実行ファイルが、サポーターのパートナーリスト内の新規顧客IDを、自動的に通知します。これによりサポーターは、顧客がQuickSupportを開始するとすぐに知らせを受け取ることができ、またリモート接続もワンクリックで開始できるため、両者の時間と労力を省くことが可能になります。

またバージョン6では、新たにQuickJoinがオンラインプレゼンテーションの斬新な接続機能を提供しています。この独立したダウンロード機能は、プレゼンターに各閲覧者のIDとパスワードを個別に入力させるのではなく、閲覧者が直接プレゼンターに接続することを可能にしています。QuickJoinがあればプレゼンターは簡単に同時閲覧者の人数を増やすことができ、すべての閲覧者が接続していることを確認したらすぐにプレゼンテーションを開始することができるのです。
               

これらの新しいリモート接続オプションに加え、TeamViewer 6は更に革新的なデザインとパフォーマンスを用意しました。初期接続は、リモートコントロールとオンラインプレゼンテーションの間での素早く簡単なナビゲーションのため、2つのタブに分かれています。接続パフォーマンスは、特に企業内のネットワークで更により素早く強化されています。

TeamViewerのプロダクトマネジャーであるホルガー・フェルグナー(Holger Felgner)は、「TeamViewer 6は我々だけでなく、TeamViewer ユーザー全体にとっても重要なステップです。顧客からのフィードバックはTeamViewerにおけるソフトウェア開発にとって切っても切り離せない部分であり、新しいQuickSupportとQuickJoinというオプション機能は市場需要に対応するために取り入れられました。我々はTeamViewer 6の最終版を提供すること、また、我々の顧客とユーザーが彼らのリクエストした恩恵を受けることを楽しみにしています」と述べています。

すべてのTeamViewerのソリューションは、高いセキュリティ基準を順守し、AES256ビットセッションエンコーディングに基づく暗号化を採用しています。非営利的な利用に関しては無料であり、また、TeamViewerはビジネスのために作成された数々のライセンスも提供しています。

TeamViewer6 のベータ版の詳細に関しては、www.teamviewer.com/ja/download/tv6.aspxをご覧ください。

■TeamViewerについて
ドイツに本社を置くTeamViewer GmbHは、2005年に設立され、オンラインコラボレーションと通信のためのハイエンドソリューションの開発と流通に専心しています。迅速な立ち上げと急速な高成長により、世界中の200を超える国で100,000,000以上のインストールが行われています。このソフトウェアは、現在18ヵ国語で利用できます。
当社が開発した基本テクノロジが、TeamViewerの最先端のハイパフォーマンスなグローバルサーバーネットワークを動かしています。このネットワークは、接続をジオローカライゼーション技術に基づいてルーティングします。
詳細に関しては、リンク をご覧ください。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。