logo

業界初のプログラム可能な多機能ワイヤレスターミナルサーバ 「ConnectPort LTS」を発表

ZigBeeワイヤレスゲートウェイとしても機能するシリアルto IP ターミナルサーバ

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、ジョー・ダンズモア代表取締役)は、このほど、業界初のプログラム可能な多機能ワイヤレスターミナルサーバ、「ConnectPort LTS」を発表しました。ConnectPort LTSは、シリアルto IPコネクティビティとオプションのZigBeeワイヤレス通信を提供します。ターミナルサーバとワイヤレスゲートウェイを1つの機器に融合することにより、機器・設備のスペース要件を最小化し、コストを低減します。ConnectPort LTSは、公共事業、セキュリティ、ビルオートメーション、小売、工業オートメーション、ヘルスケア、データセンター管理その他のアプリケーションに理想的です。


「ConnectPort LTSは、カスタマのクリティカルな機器情報へのアクセスをより容易にし、費用対効果を高めます。ConnectPort LTSによってカスタマは、シリアルto IPであってもワイヤレス通信であっても、容易に機器を接続・管理することが可能です」と、Digi Internationalのグローバルセールス&マーケティング上級副社長のラリー・クラフトは話しています。


ConnectPort LTSシリアルサーバは、セキュアで信頼性と柔軟性、費用対効果の高いRS-232/422/485シリアルtoイーサネットコネクティビティを提供し、8、16、32ポートオプションが利用できます。ワイヤレスバージョンは、ZigBee通信、内蔵モデム、USB 2.0ポートを搭載し、拡張性を実現しています。すべてのConnectPort LTSシリアルサーバは、高い信頼性を提供するデュアルGBイーサネット、データストレージのためのSDメモリ、容易なコンフィグレーションとモニタリング、診断を実現する大きなLCD画面を備えています。


LinuxベースのConnectPort LTSは、Pythonのサポートとソフトウェア開発キットにより、プログラムが可能です。IPv4/v6デュアルスタック、ユーザーポート共有、ポートロギング、SSHv2、SSLといった先進のソフトウェア機能を搭載しています。


ConnectPort LTSは1,283ドルで、ワイヤレス版のConnectPort LTS Wは1,511ドルで、それぞれ提供します。詳細は、リンクをご参照ください。

このプレスリリースの付帯情報

ConnectPort LTS

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。