logo

産業用ロボット

溶接、組み立て、塗布、吐出、シーリング、加工、搬送、部品

軍事用のロボット市場では最先端のロボット技術が活用されており、個人向けのロボット市場は自動化を大衆市場にもたらしているが、産業用ロボットの市場は、ユーザにROIを最も実感させる、長い歴史を確立してきた唯一のセグメントである。工業用ロボットは、企業が製造、生産、労働に関するコストを抑え、汚く、危険で無味乾燥な作業を排除し、製造生産効率や品質、一貫性を向上させるために、有効に活用されてきた。この調査レポートは、産業用ロボットの市場を調査している。2015年までの産業用ロボットの出荷数と収益を地域毎、ロボットの種類毎、エンドユーザの産業毎に予測している。主要ベンダと産業用ロボットの技術をについても概説している。



【調査レポート】
産業用ロボット:溶接、組み立て、塗布、吐出、シーリング、加工、搬送、部品
Industrial Robotics
Welding, Assembly, Coating, Dispensing, Sealing, Machining, Material Handling, and Components
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事