logo

シリコンバレーのビジネスコンテスト「iEXPO 2010」にて最優秀賞を受賞

シリコンバレーでも有数のインキュベーション施設であるPlug and Play Tech Center(440 N Wolfe Rd. Sunnyvale, CA 94085)で開催された、世界のベンチャー企業を対象としたビジネスコンテストiEXPO 2010にて、世界中の数百社から選抜された3社に送られる最優秀賞「Innovation Winner Award」を受賞しました。
シリコンバレーのビジネスコンテスト「iEXPO 2010」にて最優秀賞を受賞



株式会社フィジオス(本社:東京都文京区、代表取締役社長兼CEO 小島英一郎、以下 フィジオス)は、シリコンバレーでも有数のインキュベーション施設であるPlug and Play Tech Center(440 N Wolfe Rd. Sunnyvale, CA 94085)で開催された、世界のベンチャー企業を対象としたビジネスコンテストiEXPO 2010にて、世界中の数百社から選抜された3社に送られる最優秀賞「Innovation Winner Award」を受賞しました。



iEXPOでは、シリコンバレーの重鎮ベンチャーキャピタリストを中心とする40人の審査員と300人以上の投資家や起業家の前で、各国の予選を勝ち抜いた企業がそれぞれ2分間のエレベーターピッチを行い、最終的に3社が選ばれます。2010年は決勝戦に35社が参加し、日本から出場したフィジオスと株式会社モルフォ(本社:東京都文京区、代表取締役社長 平賀督基)の2社、カナダのKaleidoFlex(Based on Vancouver Canada, CEO Eran Elizur)の計3社が選ばれました。



エレベーターピッチでは、フィジオスの主力アプリケーションである、描いた絵が動くアプリケーション「PHYZIOS Studio」、彫刻アプリケーション「PHYZIOS Sculptor」、写真を動かすアプリケーション「Dance Me」の映像を使った紹介と、それぞれのアプリケーションでユーザが作成してくれた多数の作品を紹介しました。

制作したアプリケーションの9割がAppStoreでランクインしている実績や、アプリケーションの合計ダウンロード数が140万ある実績が評価されました。また、各アプリケーションがわかりやすくユニークである点と、1つのアプリケーションから生まれるユーザの作品に爆発的な多様性が認められ、スマートフォンで一般の人を対象とするUGC(User Generated Contents)のエンジンを開発する企業として、その潜在能力を高く評価されました。


フィジオスチーム(2名)

(左)アートディレクター中村、動画編集担当

(右)創業者CTO小倉、プレゼンター担当
■Plug and Play Tech Centerについて

米国シリコンバレーのテクノロジー系ベンチャー企業に対し、戦略パートナーとして、VC、エンジェル、パートナーの紹介、法務の支援など、様々なサービスの提供を行うインキュベーション施設。2006年の設立以来、資金調達支援実績は7億ドルにのぼり、GoogleやPaypalへの投資、事業支援なども行った実績があります。現在、入居しているスタートアップ企業は200社を超え、シリコンバレーの生態系を支えています。

リンク



■iEXPOについて

シリコンバレーで開催される国際的なイベントであり、世界中から総勢 300名以上の人が集まるビジネスコンテスト。シリコンバレーにおける著名なベンチャーキャピタリストの前で、世界中から選抜された有望なベンチャー企業がプレゼンテーションを行います。

リンク



■株式会社フィジオスについて
フィジオスは、東京大学で研究・開発された粒子法等の物理シミュレーション技術をエンターテイメント分野に応用し、様々なアプリケーションを提供しています。これまでに「PHYZIOS Studio」、「PHYZIOS Sculptor」、「Aqua Forest」などをリリースしています。詳しくはURLをご覧ください。( リンク


■商標について
本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社フィジオス email: info*phyzios.com (「*」を「@」に変更してください)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事