logo

台湾の情報セキュリティ市場はCAGR8%で成長する

インド市場調査会社RNCOS社は出版レポート「台湾の情報セキュリティ市場の将来性 - Opportunities in Taiwan Info Security Market」のプレスリリースにおいて、世界のICT産業で主要な地位を占めている台湾のICT産業(情報通信技術産業)は、急速に情報セキュリティ製品とサービスに注力しており、2011-2013年にCAGR8%以上で成長するだろう、との予測結果を発表しました。

セルラーネットワークへの攻撃がより巧妙になり、ハッカーたちはトップクラスの大企業のデータインフラの脆弱性を狙って、ゆすり(extortion )などの犯罪行為におよんでいる。情報セキュリティ製品とサービスは、招かれざるデータ伝送や侵入、スパムなどからコンピュータネットワークを保護する。すでに、世界のICT産業で主要な地位を占めている台湾のICT産業(情報通信技術産業)は、急速に情報セキュリティ製品とサービスに注力している。インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「台湾の情報セキュリティ市場の将来性 ー Opportunities in Taiwan Info Security Market」は、台湾の情報セキュリティ市場は、2011-2013年にCAGR8%以上で成長するだろうと予測している。


台湾の経済は、中小企業に大きなメリットがあるB2B(企業対企業)の電子商取引に大きく依存している。この数年間、電子商取引は台湾企業にかなり普及した。電子商取引の利用の拡大によって、機密データの流出、改ざん、消失などのデータセキュリティに対する脅威が拡大してきた。これらの脅威からシステムを保護するために、セキュリティ製品の販売が拡大するだろうと見られている。この調査レポートは、電子商取引以外の新しい市場傾向も特定している。


この調査レポートは、インターネット関連の情報セキュリティの需要を調査し、Eメールのセキュリティ製品が需要を促進するだろうとみている。また、近い将来、アンチウイルス、暗号化、コンテンツやウェブのフィルタリング、認証、ファイアウォール、仮想プライベートネットワーク、安全評価、侵入検出、データ損失防止などの市場が成長するだろうと報告している。この調査レポートは、アンチウイルス、メールセキュリティ、ファイアウォールなどの台湾情報セキュリティ市場の区分とレベル分析を行っている。


台湾の情報セキュリティ産業は、海外や国内での販売に様々な問題を抱えていると指摘している。この調査レポートは、台湾の情報セキュリティ産業が直面する台湾国内の状況、輸出による販売、一般的な問題を分析した。今後3-5年の台湾の情報セキュリティ産業の、発展の戦略と行動計画、主要企業のビジネスの概要と特徴と弱点を記載している。

【調査レポート】
台湾の情報セキュリティ市場の将来性
Opportunities in Taiwan Info Security Market
リンク

◆インド市場調査会社 RNCOS社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。