logo

ネットスプリング社、シングルサインオンアプライアンス「SSOcube」の拡張を発表

エンタープライズ企業やSME企業からのご要望に対応 同一筺体で1000から3000ユーザまで対応可能に

ネットワーク関連機器の企画・開発、販売を行う株式会社ネットスプリング(本社:東京都港区、代表取締役:西武 進)は11月9日、本年4月より出荷を開始したシングルサインオンアプライアンス製品「SSOcube」(エスエスオー・キューブ)の対応ユーザ数の拡張を発表しました。 製造業をはじめとするエンタープライズ企業、SME企業から1000以上のユーザモデルに対するかねてからの強いご要望により、このたびの提供開始にいたりました。出荷は本年12月下旬を予定。


これまでさまざまなシングルサインオン(以降:SSO)の機能を持った製品が市場に出荷されていますが、そのほとんどは、ソフトウエア商品として販売されています。これらソフトウエア製品をベースとする場合、現場に導入するに当たっては、SSOの機能の選択のみならず、性能を評価しながらのハードウエア選定から始まり、導入設定、カスタマイズ・チューニングに至るまでシステムエンジニア(SE)の力が大いに必要であり、社内SEのリソースを持たない企業にはかなりの外注コストを要します。


今回発表する拡張はSSOcubeをエンタープライズで展開する場合、1000以下のユーザモデルでは機動的な事業展開が難しい等の声にお応えしたものです。エンタープライズ企業といえどもクラウド対応をはじめとするネットワーク利用の急速な展開に伴い、様々なセキュリティ課題に迅速に対応するのは困難です。そこで、弊社が提供する国内初のアプライアンス形態製品「SSOcube」なら予めハードウエアにソフトウエア機能や運用管理に必要な機能をオールインワンで実装したソリューション製品としてご提供するため、従来導入が困難であった大企業での利用とともに関連会社・子会社・工場や拠点等への導入が容易になります。


今回の拡張では、1000ユーザから3000ユーザまでの100ユーザ単位、20モデルを追加でご提供します。標準価格は、1000ユーザモデル(1,060万)、2000ユーザモデル(2,000万)、3000ユーザモデル(2,900万)です。


<SSOcubeの特徴>
■SSO機能(汎用SSO:代理入力方式)
Webアプリだけでなく様々なWindows固有アプリにも対応可能。


■SSOセキュリティ強化(ソフトウエア・ワンタイムパスワード:マトリクス型認証方式搭載)
2要素認証としてOTP(ワンタイムパスワード方式)が予め組み込まれています。


■SSO機能のオールインワンパッケージ(SSOハブ)
下記3製品をインテグレーションしてのご提供。
・SSO機能:「AccessMatrix」製品群(i-Sprint社(シンガポール本社)製)
・マトリクス型認証機能:「PassLogic」製品(パスロジ社(東京本社)製:)
・認証サーバ:「AXIOLE」(当社ネットスプリング製)サブセット版


■SSOcubeのその他の特長
・導入・運用管理が容易
・2FA(二要素認証)としても利用可能
・アプリケーション毎のパスワードを自動更新可能
・ユーザ情報の外部参照可能
・アプリケーション権限設定が可能
・監査情報の収集
・中堅企業・部門ユーザ向けに100~1000ユーザモデル(50ユーザ単位)もご用意


SSOcubeについての詳細は リンク をご覧ください。

関連情報
http://www.SSOcube.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。