logo

東京証券取引所が、情報系システムのSOA化に向け インフォマティカのデータ統合ソリューションを採用

― 柔軟でコスト効率の高いプラットフォームの展開に向け、  Informatica PowerCenterでシステム連携基盤を構築 ―

データ インテグレーション ソリューションにおける独立系リーディング
プロバイダー、インフォマティカ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、
代表取締役社長:吉田浩生、以下 インフォマティカ)は本日、株式会社
東京証券取引所グループ(以下東京証券取引所)が、インフォマティカの
データ統合ソリューションである「Informatica PowerCenter(R)」を採用した
ことを発表しました。本採用は、東京証券取引所が情報系システムの
SOA化を今後段階的に進めていくにあたり、単一で高品質なデータ連携
基盤を整備することを目的としています。

東京証券取引所は長年にわたり、各業務部門が主導して部門内で処理する
業務に最適なシステムを選定・導入してきました。こうしたシステム運用
スタイルは、業務の効率化に寄与した一方、データの冗長保有や構成管理の
複雑化等が課題となっていました。こうした課題を解決するため、東京証券
取引所は、IT部門主導のもと、情報系システムの全体最適を狙ったシステム
ストラクチャーを構築することになりました。

これを進める中で、東京証券取引所では複数のシステムがデータを二重三重
に持っていることで、不要なシステムコストがかかっていることに注目しました。
そこで、全社の情報系システムをまたいで一元化されたデータ連携基盤を整備
することが必要と判断し、Informatica PowerCenterの採用に至りました。
Informatica PowerCenterは、複数のシステムを結びつけ、データ蓄積の非効率
を排除します。

今回、Informatica PowerCenterが導入されたのは、売買審査システムです。
同システムは、日々行われる膨大な取引の中から、株価操縦に代表される
不正な取引を発見するために使用されています。取引データが増大する中で、
Informatica PowerCenterにより関連する周辺システムと高品質かつ高速に
データ連携が可能になりました。東京証券取引所ではさらに今後、データを
一元的に管理することでシステム運用における人的負荷を大幅に抑える
ソリューションとしても期待しています。

東京証券取引所IT開発部 デリバティブ・システム部長である池内 博氏は、
「現時点で、インフォマティカのソリューションを利用している部分は未だごく
一部にすぎません。今後、20以上の情報系システムを更改していくわけですが、
その際にSOAの土台となる粒度の細かいデータの疎結合基盤として、低コスト
かつ高品質なソリューションとして活用できることを期待しています」と話して
います。

今回のシステム導入は、株式会社協和エクシオ(本社:東京都渋谷区、代表
取締役社長:石川國雄、以下、協和エクシオ)の協力のもとに行われました。
協和エクシオビジネスソリューション事業本部 営業本部 営業SE部門 部長で
ある戸塚 勝巳氏は、「ミドルウェア選定の際に、今回の要件を想定して約10
種類の製品を対象に全く同じシステム環境下でパフォーマンスチェックを実施
したところ、Informatica PowerCenterは、処理性能テストにおいて、他社製品を
大きく上回るパフォーマンスを示しました。これにはわれわれも驚かされました」
と話しています。

<Informatica PowerCenterについて>
Informatica PowerCenterは、企業内の複雑なデータの流れを統合管理する
データ統合基盤であり、特長は以下の通りです。
1. リポジトリによるメタデータの一元管理が可能
テーブル定義やビジネスロジックをメタデータとして統合・管理することで、
効率的で柔軟なデータ統合基盤を実現し、企業に眠っている情報資産の価値を
引き出します。
2. マルチスレッド処理によって、大量データの高速処理を実現
企業内に散在する多種多様なデータを統合し、複雑な情報の流れを管理、より
早く的確な意思決定を可能にするエンタープライズ・クラスの"データインテグレー
ションソフトウェア"です。
3. GUI操作を基本とする高い開発生産性(SQLプログラム言語での開発と比較
して3倍以上)GUIベースのノンプログラミング環境で、データソースの定義から
抽出・加工までが実行可能です。
 
Informatica PowerCenterに関する詳細は、こちらにてご覧いただけます。
リンク
 

インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション ソフト
ウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。今日
のグローバルな情報経済環境において、世界中の企業がタイムリーで信頼
できる最適なデータによって、最も重要なビジネスニーズを満たし、競合優位性
を手にしています。現在、インフォマティカのソリューションは世界4,200社を
超える企業において、企業内やクラウド等の企業外に保有する既存情報
資産へのアクセスや統合の実現に活用されています。インフォマティカに関
する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)まで
お問い合わせいただくか、弊社 Web サイト
リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事