logo

マイクロフォーカス株式会社、 機能テスト自動化ツールの新バージョン「SilkTest 2010」をリリース

 マイクロフォーカス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田島裕史)は、機能テスト自動化ツールの新バージョン「SilkTest 2010」を、本日より販売・出荷開始いたします。


 「SilkTest」は、GUIの機能テスト・回帰テストを自動実行し、テスト効率の向上や工数の削減を強力にサポートします。記録した動作を自動再生することにより、簡単な操作で複雑なテストを、何度でも同じ手順で実行できます。また、テスト環境やスクリプト言語が充実しており、多様化が進んでいる近来のアプリケーション開発に柔軟に適応し、生産性向上とコスト削減を支援する製品です。


 さらに、マイクロフォーカス AMQソリューションのテスト管理ツール「SilkCentral Test Manager」との連携により、テスト計画のスケジューリングや実行、結果の登録・参照などを一元管理することができ、開発効率を高めるとともに可視性の向上を実現します。



■SilkTest 2010の主な新機能


1) VisualTestの搭載

スクリプトの作成を直感的に行える機能「VisualTest」を搭載しました。
グラフィカルなストーリーボードを採用し、プログラム経験のないテスターの方でも直感的にスクリプトの作成、実行ができます。


2)組み込みスクリプト言語として.NETスクリプトを提供

SilkTest Workbenchの組み込みスクリプトとして VB.NETを採用しました。


3)既存IDEに統合可能なテスト開発環境

3種類のテスト開発環境を提供。使い慣れた環境や言語で自動テストの作成、実行ができます。

●SilkTest WorkBench
 - 視覚的にテストスクリプトが組めるVisualTestやVB.NETでスクリプトを編集できるオリジナルのテスト環境です。

●Silk4NET
 - Visual Studio 2010のプラグインとして提供しています。
  Visual Studioからテスト記録・実行の操作が行えます。

●Silk4J
 - Eclipseのプラグインとして提供しています。
  Eclipse上でテスト記録・実行が行えます。


4)テストスクリプトの共通化 - クロスブラウザ機能の搭載

SilkTestのクロスブラウザ機能は、Internet Explorerで記録したスクリプトを、FireFoxでのテストスクリプトとしても、そのまま使用することが出来ます。この機能により、テストスクリプトを共通化し、作業工数の削減とメンテナンス性の向上が可能となります。



SilkTest 製品の詳細はこちらをご覧ください;
リンク



■SilkTest 2010 サポート環境


対応OS
・Windows XP SP3
・Windows Vista SP1 or SP2
・Windows 7
・Windows 2008
・Windows 2008 R2


テスト対応環境
・Adobe Flex 3.0, 3.2, 3.3, 3.4, 3.5
・Firefox 3.0, 3.5, 3.6 (playback only)
・Internet Explorer 6, 7, 8
・Java SWT 3.2, 3.3, 3.4, 3.5, 3.6
・SAP SAPGUI client 7.10
・Win 32
・WinForms .NET 2.0, 3.0, 3.5, 3.5 SP1, 4.0
・WPF .NET 3.5 SP1, 4.0



SilkTest 2010のサポート環境の詳細はこちらをご参照ください;
リンク



■SilkTest 2010 の販売について

販売・出荷開始: 2010年11月5日
販売価格:SilkTest 2010 永久使用ライセンス
     コンカレントライセンス:96万6千円より(初年度保守料込・税抜)

  ※ コンカレントライセンス=同時利用ライセンス
   (インストールしたマシンに固定されることなく購入したライセンス分を同時に利用可能)



■マイクロフォーカス AMQ(Application Management & Quality)
 製品・サービスに関するお問い合わせ先

マイクロフォーカス株式会社 営業部 AMQ担当
Tel: 03-5413-4770/Fax: 03-5413-4777
E-mail: qa-sales@microfocus.co.jp
URL: リンク



■Micro Focus製品全般について
以下のサイトをご参照ください。
リンク



*本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


<この発表に関するお問い合わせ先>
 マイクロフォーカス株式会社
 マーケティング部 広報担当
 E-mail: PR@microfocus.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事